【ほっこりまろやか】秋鮭の豆乳味噌カレー【和カレー】

スパイスカレー

こんなあなたに作ってほしい!

  • ほっこりするまろやかなスパイスカレーを作りたいあなた
  • 秋鮭の味を活かしたカレーを作りたいあなた
  • 和の食材をふんだんに使ったカレーを作りたいあなた

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。今回は秋鮭の味を活かし、素朴でほっこりする和風のカレー、「秋鮭の豆乳味噌カレー」をご紹介します。

この季節は秋鮭がよく出回り、生のものが手に入りやすくなります。なので普段の塩鮭とは違い、色んな鮭料理に挑戦できる季節です。今回はその一つとして、スパイスカレーに秋鮭を使ってみます。

秋鮭は脂乗りが少なく、さっぱり気味。油を多く使うカレーにはピッタリと言えるでしょう。

そんなさっぱりした秋鮭にコクを加えるのは豆乳と味噌。どちらとも仲良しの秋鮭に、まろやかなコクを加えてくれます。

出来上がってすぐに食べるよりは、少し寝かせたほうが鮭に味がよく染みて、よりおいしくなりますよ。

豆乳と魚介は仲良し!こんなスパイスカレーのレシピもありますよ。

Sponsored Links

鮭の豆乳味噌カレーの材料

【材料(2人前)】カッコ内の小は小さじを指す
〈鮭の下準備〉
・生鮭の切り身・・・・200g(塩分なしのもの)
・塩・・・・・・・・・2g
・小麦粉・・・・・・・小さじ1
・油・・・・・・・・・小さじ2

・玉ねぎ・・・150g(~0.5cmの薄切り)
・塩・・・・・1g
・油・・・・・大さじ1
・差し水・・・50cc

〈GGペースト〉
・にんにく・・・5g(すりおろし)
・しょうが・・・5g(すりおろし)
・水・・・・・・100cc

・水・・・・・150cc
・味噌・・・・10g(今回は米味噌を使用)
・甜麺醤・・・小さじ1
・豆乳・・・・100cc
・酢・・・・・小さじ1
 (味を締める役割があるので必ず入れてください!)

〈スタータースパイス〉
フェンネルシード・・・ひとつまみ

〈パウダースパイス〉
・クミン・・・・・・2.5g(小1)
・コリアンダー・・・2g(小1)
・ターメリック・・・1g(小1/4)
・七味唐辛子・・・・1g(約小1/2)

〈仕上げのスパイス〉
・しょうが・・・5〜10g(すりおろし)

秋鮭の豆乳味噌カレー

【手順】
1.生鮭の切り身に、塩と小麦粉をまぶす。フライパンに油を中火で熱し、皮目から焼く。6分目ぐらいまで焼けたらひっくり返し、外側を焼き固める。
フライパンから取り出して、食べやすい大きさに切る。

2.フライパンに油を足し、中火で熱する。フェンネルシードを入れて30秒ぐらい熱し、シュワシュワしてきたら、強めの中火にして玉ねぎと塩を入れて広げる。軽く焦げて色がついてきたら、差し水をして焦げを全体に広げながら玉ねぎを潰す。

3.水分が飛んで、また色づき始めたら〈GGペースト〉を入れて、水分を飛ばしながらにんにくとしょうがの香りを立たせる。水分が飛んだら、鮭を入れてよく絡ませる。その後弱火にして〈パウダースパイス〉を入れて、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。

4.水と味噌、甜麺醤を入れたら、中火にして軽く沸騰させる。弱火にしてフタをし、弱火で10分煮込む。

5.酢を入れて2〜3分煮たら、豆乳を入れる。沸騰させないように温めたら火からおろし、30分以上寝かせる。

6.おろししょうがを添えて召し上がれ!

今回のピックアップスパイス

七味唐辛子

色んなご家庭の食卓にあるであろう「七味唐辛子」。あまりスパイスと意識していないかもしれませんが、れっきとしたミックススパイスの一種です。
今回はカイエンペッパーの代わりに七味唐辛子を入れて、豊かな香りを加えてみました。

おわりに

あっさりめな秋鮭に、仲良しの豆乳と味噌でまろやかなコクを加えたカレーでした。
和の食材をふんだんに使ったので、日本人にも馴染み深い味わいで、なんだかほっこりします。

このまろやかな感じ、スパイスカレーというよりはスパイスシチューかも?

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました