1年ぶりに「スパイスカレー本」を買って色んなカレー観に出会った話【水野仁輔 カレーの学校 スパイスカレー最新レシピ】

スパイスカレーのこと

はじめに

異なる価値観に触れて、見聞を広める。

こんにちは。カルダモン26です。
今回は、約1年ぶりに買った「スパイスカレー本」が面白かったのでご紹介しようと思います。

久しぶりに買ったその本は、水野仁輔さんの本「水野仁輔 カレーの学校 スパイスカレー最新レシピ ~豪華!33人のシェフが特別講義~」です。

タイトルの通り本当に豪華で、33人のシェフのレシピだけでなく、水野仁輔さんによるシェフへのインタビューも掲載。

様々な方の「カレー観」に触れ、自分の「カレー観」を見つめ直すことで、また「新たなカレーを作ってみよう」とモチベーションが湧いてくる一冊です。

なぜ1年間「スパイスカレー本」を買わなかったのか

2021年に買った「スパイスカレー本」

少しだけ私が「スパイスカレー本」を1年間(2021年7月~)買わなかった理由をお話しすると、スパイスカレーに飽きていたからです。

いくら具材を変えてもベースが同じなので、すっかりマンネリ化。香りは違えど、味は一緒です。また、油の多さにもやられました。

そもそもスパイスを使うのはカレーでなくてもいいと思うようになり、カレー以外のスパイス料理に興味がシフトしました。
(このブログのレシピはスパイスカレーより圧倒的にスパイス料理が多いです)

その後、2022年2月頃に「スリランカカレー」(ブログ内リンク)に出会うと、根本から違うカレーの作り方に、いたく感動して暫く傾倒。
スリランカの味がすっかり私の舌に馴染んでしまい、いわゆる「スパイスカレー」には戻れなくなったので、「スパイスカレー本」は買っていませんでした。

スリランカカレーは煮るだけで作れます(油も使いません)

あと、どの本も同じようなレシピばっかり(コモディティ化)しているのも一因です。

↑上半期しか買ってよかったスパイスカレー本ランキング」がないのはそういうことです。

1年ぶりに「スパイスカレー本」を買ってみて

なぜこの本を買ったのか

・33人ものシェフのレシピがあれば、どれかはピンと来るかもしれないと思ったから
・33人のインタビューが載っているから

2022年5月末の発売から、少し遅れての購入となった「水野仁輔 カレーの学校 スパイスカレー最新レシピ ~豪華!33人のシェフが特別講義~」

少し大きめのムック本で、厚みは控えめ。鮮やかな表紙が目を惹きます。

目玉はやはり33人のシェフのレシピとインタビュー。
33人も居れば、いろんな価値観と出会えます。

正直「分かんねぇなぁ」と思うこともありますが、いろんな考えの元、それぞれのカレーが生まれているのだと思うと面白いです。

私はやはりスリランカ系のカレーを作る方のおっしゃることに共感しました。

自分に合った価値観のシェフがどんなカレーを作るのか、それを確認するのに最適な本であり、自分とは違う価値観に基づいて作られるカレーと出会うことで、見聞が広がる本でもあると思います。

レシピの難易度に関しては、マニアックなスパイスが登場したり、玉ねぎ炒めで難しい塩梅を求められたりと、中級者以上向けの本であると思います。

とはいえ、どこに次の料理のヒントが転がっているか分かりません。ちょっとした冒険気分で読むのがいいと思います。

Sponsored Links

本のレシピを作ってみた

渡辺玲さんのチキンペッパーフライ
何とか水を入れずに野菜と肉の水分だけで作れました

早速本の中のレシピを作ってみました。
選んだのは渡辺玲さんの「チキンペッパーフライ」です。

「チキンペッパーフライ」は南インドのチェティナード地方で食べられる、水気少な目、ドライ系の鶏肉料理。「フライ」ですが揚げません。

前々から「チキンペッパーフライ」について色々調べていたのですが、「チェティナード風」のスパイス使いでピンとくるレシピがなかったので、これまで作ってこなかった料理。
渡辺玲さんなら間違いないと思って作ってみました。

フェンネルシード
ブラックペッパー

久しぶりにガンガンオイルを使うレシピでしたが、フェンネルシードやブラックペッパーといったホールスパイスたちがガリっと口の中で弾けて脂っこさをリセット。
意外なまでに食後感はこってりしておらず、ペロリと食べられました。

この本のおかげで、また一つ、扉が開いたような感覚です。

Sponsored Links

おわりに

33人のシェフによる、レシピの競演と水野さんによるインタビュー。
どちらも読み応えがあり、カレーの知識や思考法だけでお腹いっぱいになる一冊です。

きっと、本を読んだあなたとは異なる価値観でカレーを作っている方と出会うことができます。
恐れず飛び込んでみれば、あなたのカレー観は広がること間違いなし。

私はまず一歩、チキンペッパーフライからはじめました。あなたはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました