スパイスの香りで軽やかに味わう“ピーマンの肉詰め”

スパイスおかず

はじめに

軽やかな味わいで何個でも食べられる。

こんにちは。カルダモン26です。
今回は、スパイスを練り込んだ肉ダネの「ピーマンの肉詰め」をご紹介します。

入れる具材は最小限。シンプルな味わいにスパイスの香りを加え、軽やかに頂けます。
2人前のつもりで作ったのに、1人ですぐに食べきってしまいました。

このレシピについて

昔、蒸し焼きが足りずに、ピーマンが硬いものを作ってしまって以来、ピーマンの肉詰めを作るのを敬遠してきたのですが、家にピーマンとひき肉がちょうどいい具合にあったので、リベンジの意味も込めて作ってみました。

肉ダネは「ハンバーグを詰める」ようなレシピが多いのですが、夏に食べるならそれは重いと思い、豚肉、玉ねぎ、スパイス、塩、砂糖、片栗粉だけの肉ダネに。

肉ダネを練ってみて思ったのが、ハンバーグより、シュウマイのタネに似ているということ。
つまり、これはピーマンシュウマイ……?

シュウマイを今年何度も作っている私としては、気楽に作れるようになりました。

今回は失敗なくピーマンにも火が通り、美味しく作れました。
シンプルな肉ダネにスパイスの風味で軽い味わいだから、夏でも何個でもいけます。

Sponsored Links

ピーマンの肉詰めのポイント

軽やかな肉ダネ

肉ダネはパン粉や卵などのつなぎをほとんど使わないから、具材のシンプルで軽やかな味わいを感じられます。
そこに、スパイスたちの香り豚肉の臭みを消しつつ、食欲そそる風味をつけました。

瑞々しさあふれる、ピーマンと大きめに切った玉ねぎ。
暑い時季でもパクパク食べられます。

炒ったクミンシードやしょうがを肉ダネに練り込んでも美味しいと思います。

ピーマンからはがれても気にしない

大きなピーマンは瑞々しさが残り、小さなピーマンは、しんなりして肉ダネと一体化。

中には、はがれてしまったピーマンの肉詰めもありましたが、家庭で作るものですから、気にせずいきましょう。
一口で食べれば一緒です。

大きくかぶりついて、ピーマンに溜まった肉汁ごといただけば幸せ。

色んな味で楽しんで

酢醤油、ケチャップ、ソースなど、色んな調味料で食べるのを前提にしているので、味は薄めにしています。

私が試したのは酢醬油ケチャップ。

酢醤油で食べればさながらピーマンシュウマイ。
なんともオツな味です。

ケチャップと合わせると抜群のご飯泥棒。
ケチャップもスパイスが入ってるから、よく合います。

いずれにせよ、からしはマストアイテム。
味を引き締めつつ、よいアクセントになります。
肉汁たっぷりだから、からしをたっぷり目につけるのがポイント。

Sponsored Links

ピーマンの肉詰めの材料

【材料(2人前)】
・豚ひき肉・・・250g
 刻んだお肉を混ぜても◎
・塩・・・・・・2g
・砂糖・・・・・2g

〈パウダースパイス〉
・クミン・・・・・・1g(小さじ1/2弱)
・コリアンダー・・・1g(約小さじ1/2)
・クローブ・・・・・少々(0.2gほど)
・ナツメグ・・・・・0.5g(約小さじ1/4)
・胡椒・・・・・・・2~3振り

・玉ねぎ・・・100g
・片栗粉・・・大さじ1

・ピーマン・・・6~8個(約200g)
・小麦粉・・・・小さじ1〜2

・油・・・大さじ1~2
・酒・・・25cc

〈調味料〉
・醤油
・酢
・ソース
・ケチャップ
・からし・・・いずれもお好きなだけ

ピーマンの肉詰めの手順

1.大き目のボウルに豚ひき肉と塩、砂糖、〈パウダースパイス〉を入れて、お肉が白っぽくなるまで練る。
手の熱で脂が溶けていたら、冷蔵庫に20~30分ほど入れて肉ダネを締める。

半分ほど切り落とし肉を刻んで混ぜました

2.玉ねぎは粗いみじん切りにする。
キッチンペーパーなどで水気を取ったら、片栗粉をまぶす。

そこに1.の肉ダネを入れて、さっくり混ぜる。
こねすぎると玉ねぎから水気が出てしまいます。

3.ピーマンは縦半分に切って、内側に小麦粉をまぶす。
タネ、ワタ、ヘタを取るのはお好みで。そのままでも食べられます。

その後、ピーマンに肉ダネを奥まで押し込みつつ、こんもりと詰める。
割れるのを防ぐため、できるだけ表面は綺麗に整えておく。

4.フライパンに油を敷き、肉ダネを下にして油をまとわせながらピーマンの肉詰めを置く。

そこから中火にかけ、肉ダネに焼き目がつくまで焼く。
焼き目がついたらひっくり返し、酒を注いでフタをして6~7分蒸し焼きにする。

5.フタを開けて、水分が残っていたら飛ばす。
肉ダネに火が通っているか、竹串を刺す等して確かめたら、ピーマンに火が通っているかも確認する。

火が通っていたら完成。
酢醬油、ケチャップ、ソースなど、色んな調味料を添えて。
いずれにせよ、からしがよく合います。

Sponsored Links

夏のスパイスおかず

夏の定番ゴーヤチャンプルーを花椒と豆板醬で辛くアレンジ。
じっくり焼いた具材と豆板醬の香味に、花椒のピリッと爽快感が合わされば、無敵のおかずに。

カルダモン&しょうがのショウガ科スパイスダブル使いで、ピリッとさっぱりナスの煮浸しを作りました。
酢を忍ばせたすっきり出汁が、ナスを噛みしめるとジュワッとあふれます。

夏野菜の瑞々しさで、夏でもスッキリ飲みやすい豚汁。
スパイスのおかげで奥深い味わいになり、食べ応えもあります。

トマト出汁と煮干し出汁が融合したスープは得も言われぬ美味しさ!

おわりに

「緑色があったほうがいいだろう」と撮影のためにひっくり返しましたが、肉汁がこぼれたのでやめたほうがよかった……

素材の味引き立った、シンプルで軽やかなピーマンの肉詰めに、スパイスの風味が加われば、暑い時季にピッタリのおかずができました。

正直、ピーマンの肉詰めがこんなにも軽やかに頂ける料理だと思っていなかったので驚いています。

何個でも食べられそうなので、多めに作っておいたほうがいいかも?

ここまでご覧いただきありがとうございます。

参考レシピ:「おかずのクッキング」2021年 6・7月号 土井善晴さんのレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました