【あいがけカレーに】ホタテ豆乳ダルカレーのレシピ【レンズ豆で】

スパイスカレー

こんなあなたに作ってほしい!

  • 豆のカレーをさらに美味しくしたいあなた
  • あいがけカレーにピッタリのカレーをお探しのあなた
  • 黄色いカレーを作ってみたいあなた

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。
今回は、あいがけカレーにピッタリ豆のカレー「ホタテ豆乳ダルカレー」のご紹介です。
カレー料理店ではよく提供される豆のカレー、「ダルカレー」ですが、あまり家で作る印象が薄いのではないかと感じています。

大豆などとは違い、日本ではあまり馴染みのない豆を使うということもあり、味の想像ができなかったりして手を出しにくいかもしれませんが、馴染み深い食材を加えて、食べやすく仕上げたレシピなので、ぜひ最後までご覧ください

この「ホタテ豆乳ダルカレー」は、和の素材をベースに、ボイルホタテを加えてコクとダシ感のあるスープを、クセが少なくて柔らかく食べやすい「レンズ豆」に吸わせたダルカレーです。

レンズ豆はカルディなどの輸入食品店で購入できるほか、ネットでも購入できます。事前の浸水なしで、すぐに茹でて食べられます。
豆が苦手な方でも食べやすい、クセの少ない豆なのでおススメです。

あっさりだけどコクのあるダルカレーはあいがけカレーにピッタリメインのカレーの茶色と、黄色いダルカレーとのコントラストもお楽しみください。

ホタテ豆乳ダルカレーの材料

【材料(2~3人前)】
〈昆布ダシ〉
・水・・・・300cc
・昆布・・・3g

〈レンズ豆の下茹で〉
・レンズ豆(ひきわり) ・・・乾燥50g
・ターメリック・・・・・・小さじ1/4
・油・・・・・・・・・・・小さじ2
・水・・・・・・・・・・・豆が浸かるほど

・油・・・・・・・・・・大さじ1
・玉ねぎ・・・・・・・・100g(0.5cmの薄切り)
・玉ねぎ脱水用の塩・・・1g
・生姜・・・・・・・・・1片
・塩・・・・・・・・・・3g
・ボイルホタテ・・・・・6〜7個(100g程度)

〈スタータースパイス〉
・マスタードシード・・・小さじ1/4
・鷹の爪・・・・・・・・1本

〈パウダースパイス〉
・コリアンダー・・・・・小さじ2
・ターメリック・・・・・小さじ1/4
・フェヌグリーク・・・・小さじ1/4
・カイエンペッパー・・・小さじ1/4

・無調整豆乳・・・100ml
・バター・・・・・4g

・差し水・・・50cc×2回分

ホタテ豆乳ダルカレーの手順

【手順】
1.鍋に水300ccと昆布を入れて30分以上置いておく。10分間かけて弱めの中火で熱し、沸騰させないように昆布ダシを取る。昆布は捨てずに取っておく。

2.レンズ豆は軽く洗い、鍋に豆が浸かるほどの水を沸かし、油とターメリックを入れたら、豆を入れて10分茹でる。その後ザルに上げておく。

ターメリックで茹でれば鮮やかな黄色に!

3.フライパンに油とマスタードシードを入れ、中火で熱する。跳ねてきたらフタをして弱火にし、音が止んだら鷹の爪を入れて、色が変わるまで熱する。

4.強めの中火にして、玉ねぎと脱水用の塩を入れたら、薄く広げて2~3分放置する。色づいてきたら差し水を2回して、焦げを溶かし、水分を飛ばしながら全体をきつね色にする。

5.しょうがを入れて1分ほど炒め、香りを立たせたら、弱火にして〈パウダースパイス〉と塩を入れて、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。

6.ボイルホタテを入れて、5.がよく絡むように混ぜる。それを鍋に移したら、1.の昆布ダシと2.の豆も入れて、煮立たせたら弱火で10分煮込む。

7.豆乳を入れて、沸騰させないように温める。昆布を戻し入れて10分蒸らしたら、昆布を除いて、バターを入れて完成!温めるときは沸騰させないように注意してください(豆乳が固まります)。

豆乳はあくまで温めて……
バターでさらにコクを追加!
Sponsored Links

今回のピックアップスパイス

今回のような黄色いカレーには欠かせないスパイス!
カレーそのものだけでなく、豆を黄色く染めてくれたのもターメリックです。
独特のどっしりした香り、さらには抗菌力もあって、色付けだけにとどまらない活躍を見せてくれます!
そんなターメリックについて詳しくはこちらから。

さいごに

ホタテの旨みと昆布のダシ感、さらに豆乳とバターでコクを出したダルカレー食べ応えがあって、ダルカレーへの印象が変わること請け合いです。

あいがけカレーにしたときには、メインを邪魔しない、ほどよい味。交互に食べて美味しいカレーなのですが、メインのカレーと混ぜたときに真価を発揮します。ダシ感と旨みを追加でき、色んなカレーに合わせられるので、あいがけ用のカレーのレシピとしてぜひ。

豆のカレーは、家で作るのにあまり馴染みがないかもしれませんが、浸水なしですぐに茹でられる豆を使えば、もっと身近なカレーになるのではないでしょうか。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました