【スパイスカレー初心者のあなたに】シンプルチキンカレー【シンプル好きなあなたにも】

肉のカレー

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。
今回紹介するチキンカレーは、スパイスカレーを作るうえで使う、基本的なスパイスだけで作るレシピです。
スパイスは印度カリー子さんのおっしゃる、いわゆる「タクコ」に加えて、カイエンペッパー(もしくはパプリカ)の4つだけ。
あとは玉ねぎ、トマト、にんにく、しょうがと鶏もも肉。
それを水で煮込むだけシンプルなチキンカレーです。

このチキンカレーを試作していたら、「もうこれでいいんじゃないかな」と思ってしまうほど。
スパイスカレーの入り口にも、シンプルだからこそ極めるためにも使っていただきたいレシピです。

このレシピは、一例として、材料投入のタイムラインを掲載しています。ご家庭によって環境が異なるので、あくまで参考としてご覧ください。

このレシピをスパイスカレー初心者の友人に作ってもらってインタビューをしました。
作る前に第三者の意見を見ておきたい、という方はぜひご覧ください。

スパイスカレーを作る前に知ってほしい5つのことも要チェック。

Sponsored Links

シンプルチキンカレーの材料

【材料(2人前)】

・鶏もも肉・・・・・・250g(1枚、8つぐらいに切る)

〈ブライン液〉
・塩・・・・・・・・・6g
・砂糖・・・・・・・・6g
・水・・・・・・・・・200cc

〈カレーベース(グレイビー)の材料〉
・油・・・・・・・・・大さじ1と1/2
・玉ねぎ・・・・・・・150g(0.5cmの薄切り)
・玉ねぎ脱水用塩・・・1g
・にんにく・・・・・・5g(すりおろし)
・しょうが・・・・・・5g(すりおろし)
・ホールトマト缶・・・80g(つぶす)

・差し水・・・・・・・50cc×2回分

〈パウダースパイス〉
・ーメリック・・・・1g(小さじ1/4)
・ミン・・・・・・・2.5g(小さじ1)
・リアンダー・・・・4g(小さじ2)
・カイエンペッパーorパプリカ・・・0.5g(小さじ1/4)

・水・・・200cc
・塩・・・1g(ブライン液に漬けないときは3g)

シンプルチキンカレーの手順

【手順】
0.《鶏肉を柔らかくジューシーにしたい方は》
〈ブライン液〉の材料をすべて混ぜ合わせる。鶏もも肉を切って、ブライン液につける。早ければ2時間ほど、できれば一晩つけておく。
作る前になったらブライン液を捨てて、余分な水分を切っておく。

なぜブライン液に漬けるの?
煮込んでも肉が硬くならず、プリっとした食感が味わえます。
下味もつくので、唐揚げなどにもピッタリです。

1.フライパンに油を強めの中火で熱し、1分30秒ほど経ったら玉ねぎと脱水用の塩を入れて、よく混ぜたらフライパンに玉ねぎを薄く広げて放置する。

2. 4分ほど放置すると玉ねぎが焦げてくるので、一度ひっくり返すように混ぜる。その後1分経ったら差し水(50cc)を入れて、玉ねぎの焦げを全体に広げ溶かす。1分30秒ほど経ったらもう一度差し水(50cc)をして、玉ねぎを茶色にしながら、ヘラで潰していく。
差し水を入れても、すぐにかきまぜたり、鍋を振らないでください。炎が上がることがあります

3.1分30秒ほど炒めて水分を飛ばしたら、にんにくとしょうがを入れて1分ほど炒め、香りが立ってきたら、トマトを入れて潰しながら水分を飛ばす。2分ほど炒めてペースト状になったら、弱火にして〈パウダースパイス〉と塩を入れる。ブライン液に鶏肉を漬けていない場合は、塩を3gに増やす。
粉っぽさがなくなり、全体がまとまり、ヘラですくうともったりするまでよく混ぜる。

4.中火にして、鶏肉を皮目から入れて1分ほど置く。ひっくり返してカレーベース(グレイビー)とよく混ぜたら、水を少しずつ注ぎ、沸騰したらフタを少しズラしてかぶせ、弱火で10分煮込む

5.フタを取って、よくかき混ぜたら、中火にして、5分沸騰させながら煮込んで完成!
 シャバシャバが好きな方は時間を短くしてください。

Sponsored Links

チキンカレー作りのタイムライン(一例として)

Sponsored Links

おわりに

ヨーグルトも、ココナッツミルクも、たくさんありすぎて何を入れたらいいか分からないスパイスも、一旦置いておいて、シンプルなチキンカレーを作ってみました。
ビギナーの方でも作りやすいように、時間の基準など色々と書いてみましたが、このチキンカレーで慣れたら、ぜひ、ご自身の基準で作ってみてください。

すでにスパイスカレーに慣れている方も、一度シンプルなものに立ち返ってみるのはいかがでしょうか。
シンプルこそ一番難しいということに気づくかも……

コメント

タイトルとURLをコピーしました