五香粉と黒酢タレでやみつき!スパイス鶏手羽先のレシピ

スパイスおかず

はじめに

こんばんは。カルダモン26です。今回は五香粉をはじめとするスパイスの香りと、まろやかなコクがありながらもキレのよい黒酢タレがクセになり、食べる手が止まらない「五香粉と黒酢でやみつきスパイス鶏手羽先」のレシピをご紹介します。

このレシピについて

最近すっかりスパイスを使った料理でお酒を飲むことが増えた私なのですが、そろそろ唐揚げや蒸し鶏以外の鶏肉おつまみを作ってみたいと思っていました。

そんなとき、本を読んでいて「いいな!」と思ったが、鶏手羽先を揚げたもの。居酒屋の定番で、しゃぶりつきながらビールで流し込むのが最高です。

参考レシピ:「おかずのクッキング」2021-2022 12/1月号 コウケンテツさんのレシピ

終わってしまうのが残念……中学生のときから10年以上愛読していました。

手羽先をスパイスと調味料で漬けておき、それを揚げてタレに絡めて……想像するだけでよだれが出てきました。

鶏の手羽系の調理って家庭では難しいのかな?と思っていましたが、いざやってみれば切り分ける必要がなくて、包丁の回数も少なく済むのが楽ちん!

可食部が骨の分少ないというのはありますが、スーパーでも安く手に入るので、思いっきり楽しめます。

ごはんにも合うと思いますが、ここはぜひ、お酒を片手にかぶりついてほしい、「やみつきスパイス鶏手羽先」が完成しました。

五香粉と黒酢でやみつきスパイス鶏手羽先のポイント

スパイスの香りと黒酢のさっぱり感で止まらない!

スパイスの香りをまとわせた鶏手羽先は食欲をそそり、それだけでも手が止まらなくなるのですが、そこに黒酢を忍ばせた、まろやかなタレを絡めるともう最高。
お酒が欲しくなるほどこっくりと味がついているのに、黒酢のキレが後味を軽やかにしてくれ、また次の手羽先を誘います。

鶏手羽先は包丁を入れてから漬け込んで!

鶏手羽先のうち、手羽中の部分の骨と骨の間には包丁を入れておきましょう。これによって味が染みこみやすくなるだけでなく、食べるときに身離れがよくなります。ほんのひと手間で効果は絶大なので、この下ごしらえはぜひともやっていただきたいです。

タレを絡めるときは若干厚衣に、タレを絡めずに食べるときは薄衣に

この「スパイス鶏手羽先」は最後に黒酢タレを絡めて仕上げます。そのときは衣がタレを吸って美味しくなるので、衣は少し厚めにつけてください。

一方、黒酢タレに絡めずに揚げたそのままをいただくのも美味しいです。タレに絡めない場合は衣がパリッとしたほうが美味しいので、衣は薄めにつけてください。

五香粉と黒酢でやみつきスパイス鶏手羽先の材料

【材料(2~3人前)】

・鶏手羽先・・・10本
 約600g(骨、皮込み)
・塩・・・・・・3g

〈漬け込み用〉
・醤油・・・・・大さじ1
・酒・・・・・・大さじ1
〈パウダースパイス〉
・五香粉・・・・・・1g(約小さじ1/2)
・コリアンダー・・・2g(小さじ1)
・クミン・・・・・・2.5g(小さじ1)

・小麦粉・・・大さじ2~

〈黒酢タレ〉
・黒酢・・・・大さじ1
・醤油・・・・大さじ1
・砂糖・・・・大さじ1
・酒・・・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ2

・ブラックペッパー・・・これでもかとたっぷり

〈付け合わせ〉
・キャベツ・・・150g(ざく切り)

五香粉と黒酢でやみつきスパイス鶏手羽先の手順

【手順】
1.鶏手羽先の「手羽中」の骨と骨の間に包丁で切れ目を入れる。ボウルに入れて塩を振り、〈漬け込み用〉の調味料と〈パウダースパイス〉を入れ、一晩以上寝かせる。途中何度かボウルの中を混ぜておく。

このひと手間が大事!

2.漬け込んだ手羽先の汁気を切り、手羽先の全面に小麦粉を振る。

〈黒酢タレ〉を絡めるときは厚めに小麦粉をつけてください。〈黒酢タレ〉を絡めないときは薄めに小麦粉をつけてください。
その後、170℃に熱した油で5~6分揚げ、ザルや網に上げて油を切る。

3.小鍋に〈黒酢タレ〉の材料を全て入れて火にかけ、アルコール分が飛び、とろみが出てくるまで熱する。

4.手羽先に〈黒酢タレ〉を絡めて、ブラックペッパーをこれでもかとかけたら完成!

5.思いっきり手でつかんで、かぶりついてください。骨と骨の間に入れた包丁のおかげで身離れがよいです。ざく切りにし、500wのレンジで3分チンしたキャベツを添えて口直ししながらどうぞ。

6.〈黒酢タレ〉を絡めずにそのまま食べるのも美味しいです!
スパイス感がダイレクトに伝わり、こちらもまたビールが進みます。こちらの場合は180℃で1分、二度揚げしてさらにパリッとさせても。

手羽先揚げにはアサヒスーパードライの辛口のキレがよく合います。

手羽先の食べ方

「世界の山ちゃん」を買ったときに学んだ、手羽先の食べ方を簡単にご紹介します。

①手羽の先っちょと手羽中を持って、関節部分で折って二つに分けます。手羽の先っちょの衣と皮、少々のお肉もおいしいのでしゃぶりつきましょう。

②手羽中部分はつながっていないほうの骨と骨を持って2つに割ります。そして骨からきれいにしゃぶりついていただきます。

割らずにしゃぶりついて骨だけ引っ張る方法もありますが、私は上手く引っ張れなかったので……いける方はぜひそちらで。

Sponsored Links

今回のスパイスまとめ

臭み消し&香りづけの五香粉とクミンに、バランサーとしてコリアンダーを入れました。ブラックペッパーは仕上げにこれでもかとかけてください。ミルの挽きたてならもっと最高。

画像をクリック(orタップ)で、スパイスの説明が読めます。

おすすめのスパイスつまみ

今回紹介した手羽先と一緒に食べるのも◎なスパイスつまみたちです。

「にんじんしりしり」がスパイスでさらにやみつき度アップ!

おわりに

スパイスに漬け込んだ手羽先は最高のビールのお供。そこに黒酢タレが絡まればもう無敵になります。

お休みの前の日から漬け込んで、乾杯を楽しみに待つのも一興です。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました