鶏肉と里芋のほっくりカレー煮のレシピ〈シンプルなスパイス使いで素朴な味わい〉

スパイスおかず

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。今回はシンプルなスパイス使いで素朴な「カレー味」に仕上げた、「鶏肉と里芋のほっくりカレー煮」のご紹介です。

このレシピについて

昔から里芋の煮物好きの私は、今年のお正月もたくさん里芋の煮しめを頂きました。特に祖母の煮しめたものは格別で、自分では真似できない、何だか「味」のある逸品です。

真似できないし、しょっちゅう食べられるわけではないので、自分なりの里芋煮を模索していると、やはりスパイスを使った里芋煮にたどり着きました。

ターメリックとクミンという、「いかにもカレーな香り」の2種のスパイスでシンプルにつけた風味は里芋、そして醤油味と抜群の相性で、ほっくりねっとりとした里芋の甘みが引き立つ、何だか懐かしさを感じる煮物になりました。

少し冷まして、鶏肉から出たダシが馴染んだころが食べごろです。

鶏肉と里芋のほっくりカレー煮のポイント

・里芋は皮付きのものを使ってください。

形が整えられた冷凍の里芋は便利ですが、シャリシャリ感と繊維感が強く、里芋特有のほっくり感や、ねっとり感を感じにくいです。

ぜひとも皮付きの里芋をお求めください。「皮を剥くの大変そう……」「ヌルヌルしそう……」など、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、のちに紹介する皮を剥く方法では、レンジで簡単に、加熱と平行しながらスルッと気持ちよく剥ける方法をご紹介するので、ぜひご覧ください。

・スパイスはシンプルに!

ターメリックとクミン、あとは食欲をそそるようにニンニクを使いました。
根菜やいも類と相性のよいターメリックとクミンは、素朴な甘みを引き立て、何だか懐かしい「カレー味」を感じさせてくれます。

スパイス単体をお持ちでない方はカレー粉を小さじ2入れて代用してください。日本では馴染み深い「エスビーの赤缶」が、スパイス単体使いと似たようなニュアンスを醸し出してくれると思います。ただし、比較的辛いカレー粉なので、砂糖を加えるなど調整をお願いします。

鶏肉と里芋のほっくりカレー煮の材料

【材料(2~3人前)】
・鶏もも肉・・・250~300g(約1枚)
・塩・・・・・・2g

〈パウダースパイス〉
・ターメリック・・・2g(小さじ1/2)
・クミン・・・・・・2.5g(小さじ1)
※スパイス単体をお持ちでない場合はカレー粉小さじ2で代用可

・里芋・・・・・300g
・にんにく・・・1片(5g)

・濃口醤油・・・大さじ1
・酒・・・・・・大さじ1
・砂糖・・・・・大さじ1
・水・・・・・・100cc

・油・・・・・・大さじ1

〈仕上げ〉
・万能ねぎ・・・・・・・適量
・ブラックペッパー・・・適量

鶏肉と里芋のほっくりカレー煮の手順

【手順】
1.鶏もも肉は一口大より少し大きく、1枚を8つほどの角切りにしたら、塩と〈パウダースパイス〉をまぶしておく。

2.里芋は皮を洗い、水気を切らずに耐熱のボウルに入れたらラップをふんわりかけて500wで5分チンする。
ひっくり返してもう一度500wで5分チンしたら、竹串や菜箸を刺してスッと通るかを確認する。

写真はシリコン製の容器です。

火が通っていれば、冷めないうちに包丁で切れ目を入れて皮を剥く。
熱いので火傷注意!
手で持てる熱さになるまで冷ますか、水を汲んで手元に置いておくなど対策を。

里芋の皮を剥いたら、土をきれいに洗い、硬い部分を切り落として鶏肉と同じくらいの大きさに切る。

3.フライパンに油を中火で熱し、包丁の腹で潰したにんにくを入れて香りを立たせる。焦がさないように、うっすら色づくほどまで熱する。

4.鶏肉を皮目から入れて焼く。皮目に焼き目がついたらひっくり返す。里芋を入れて、濃口醬油、酒、砂糖を入れたら馴染ませるように炒める。

5.水を入れて沸騰したら5分ほど煮詰め、煮汁にとろみがつき始めたら、好みの濃度になるまで煮たら完成!写真では7分ほど煮詰めています。

6.できれば一度冷まし、味が落ち着くのを待ってからいただきましょう。
仕上げに万能ねぎやブラックペッパーをふりかけるのもおススメです。

今回のピックアップスパイス

ターメリック

ターメリックが料理につける黄色はまさに「カレー色」で、食欲をそそります。
今回は少しターメリックを多めに使い、ターメリックが持つ香りも引き立つようにしました。クミンと合わせて、素朴な「カレー味」をお楽しみください。

おわりに

ほっくりした里芋に、香り良い醤油の煮汁が絡むと、幸せな気持ちが広がります。このほっくり感は皮付きの里芋でしか味わえません。くどいようですが、ぜひとも皮付きの里芋を使ってください。

シンプルなスパイス使いが里芋のほっくりした甘みを引き立てる、「鶏肉と里芋のほっくりカレー煮」をぜひお試しください。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

あわせて読みたいレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました