ハイボールに合う!スパイスつまみ3選【サモサ風ツナ春巻き】ほか スパイスつまみで呑もう#2

スパイス料理

スパイスつまみで呑みませんか?

はじめに

こんばんは。カルダモン26です。スパイスカレーやスパイス料理を色々と作っている中で、「ご飯よりもお酒のほうが合うな」と思う料理を発見することもしばしば。

「スパイスつまみで呑もう」シリーズでは、僕がひっそり作ってはひっそり呑んでいた、秘密のおつまみを紹介していきたいと思います。

スパイスの香りがお酒を誘う

スパイスといえば、二言目には「カレー」を想像してしまうかもしれませんが、そのカレーって、ビールに合うと思いませんか?カレールーとビールのタイアップ企画もあったりと、ご飯だけでない、お酒という相棒があることは、皆さんご存知のはず。

それに、お酒にスパイスで香りをつけることもしばしばあり、ジンにはジュニパーベリーのほか、コリアンダーやシナモンが使われています。「水曜日のネコ」というクラフトビールはコリアンダーで香りづけされていることが売りになっていたりします。

要するに、スパイスとお酒は合うということです。

ならば、スパイスの香りをまとわせたおつまみはお酒と抜群の相性のはず!

そんな、スパイスの香りがお酒を誘うおつまみを今回も3つご紹介します。

前回の記事は「ビールに合う」を合言葉におつまみを3つご紹介しましたが、今回は「ハイボールに合う!」を合言葉におつまみを作ってみました。
もちろん今回もビールに合いますし、その他、ジンのソーダ割りもおススメです。

Sponsored Links

今回のスパイスつまみ3種

クミン弾ける大根ステーキ

初めて大根ステーキを作ったとき、レンジでチンをせずに作って大変な目に遭いました……

という昔話は置いておいて、格子状に切れ目を入れ、レンジでチンしておいた大根は味が染み染みで溶けるような味わい!

コクのあるバター風味のあとにクミンのスッキリした風味が追いかけてきて、あっという間になくなってしまいます。

【材料(2人前)】
・大根・・・・350g(約1/4本)
・塩・・・・・3g
・小麦粉・・・小さじ2~

・油・・・・・小さじ2
・クミンシード・・・0.5g
・にんにく・・・・・1片

・醤油・・・・小さじ2
・みりん・・・小さじ2
・バター・・・10g

【手順】
1.大根は皮を剥き、厚み2~3cmに切り、両面に格子状に切れ目を入れる。
耐熱容器に入れ、ラップをふわりとかけたら600wで7〜8分加熱する。

めちゃくちゃ水が出ます。

2.大根に塩を振り、小麦粉をまぶす。

下味をつけることで満足度のある味に!

3.にんにくはスライスし、フライパンに油を弱めの中火で熱し、焦がさないように、にんにくチップを作ったらにんにくのみを取り出す。

4.フライパンの油を中火で熱し、大根を焼く。焼き目がついたらひっくり返して裏にも焼き目をつける。

大根の葉も一緒に焼きました。

5.大根を取り出し、油が少なくなっていたら小さじ1程度を補い、中火で熱する。クミンシードを入れ、シュワシュワと泡が立ち、香りが立つまで30秒ほど熱する。

6.醤油小さじ2とみりん小さじ2、バターを溶かしたら大根を戻し入れて、大根にソースが染みこんだら完成!
皿に盛り、にんにくチップを上からかけて一緒にどうぞ。

参考レシピ:「ガーリック大根ステーキ」オレンジページnet 藤井恵さんのレシピ

https://www.orangepage.net/recipes/detail_300344

サモサ風ツナ春巻き

インドの軽食「サモサ」はじゃがいもなどをスパイスで炒めた具を、小麦粉で作った皮で包んで揚げたものです。一度作ったとき、クミンとじゃがいものタッグでついついお酒を飲みたくなる味わいが印象的でした。

今回はツナ缶をプラスして食べ応えをアップし、春巻きの皮で包んで揚げてみました。

カレー風味のじゃがいもとツナに、クミンやアジョワンの爽やかさが心地よく、ホクホクした口の中をハイボールで流し込んだときの気持ちよさといったら……!

餃子の皮で作ってもよいですし、春巻きを細く巻いてカリカリにして食べるのも美味しそう……

【材料(3~4本分)】
・じゃがいも・・・150g
・ピーマン・・・・1個(30g・みじん切り)
・ツナ缶・・・・・1缶
・塩・・・・・・・2g

・油・・・・・・・小さじ2
・にんにく・・・・5g(すりおろし)
・しょうが・・・・5g(すりおろし)
・カレー粉・・・・小さじ2

〈スタータースパイス〉
・クミンシード・・・・・0.5g
・アジョワンシード・・・0.5g(あれば)

・春巻きの皮・・・3~4枚
 細く巻いてカリカリにするならもう少し多く

【手順】
1.じゃがいもは皮を剥いて水に取る。適当な大きさの乱切りにし、耐熱容器に入れてラップをかけ、500wで3分チンする。

2.フライパンに油を熱し、〈スタータースパイス〉を入れて30秒ほど、シュワシュワと泡が出て香りが立つまで熱する。
みじん切りにしたピーマンとにんにく、しょうがを炒め、にんにくの臭みが飛び、香りが立ってくるまで炒める。

アジョワンは独特の爽快感。ぜひ使ってみて!
炒めたピーマンの香りが好き

3.じゃがいもを入れてヘラで潰しながら炒め、油が馴染んできたらツナ缶を入れる。オイルが少ないタイプならそのまま、オイルが多いタイプは軽く油を切ってから入れる。

4.火を弱めてカレー粉を入れ、粉っぽさがなくなり、よく馴染むように炒めたらボウルなどに取り出す。

5.スプーンやフォークでさらにじゃがいもを潰して混ぜたら、使用する春巻きの皮の分だけ等分しておく。

勢いよく潰していたら手ブレ……

6.春巻きの皮で包み、180℃で3分揚げたら完成!

参考レシピ:「関西のスパイスカレーのつくりかた」Mr.samosaさんのレシピ「サモサ」

コリアンダードレで食べる豚しゃぶサラダ

「大根ステーキ」と「サモサ風春巻き」は濃いめの味付けだったので、さっぱりいただける豚しゃぶサラダはいかがでしょうか。

ごま油+コリアンダーが生み出す香ばしい風味のおかげで塩を減らしても満足のいく味わいになっています。

このサラダで口の中をリセットしたら、また次のおつまみへ……

【材料(2人前)】
・豚肩ロースしゃぶしゃぶ用・・・150g
・熱湯・・・2L
・酒・・・・大さじ2

・水菜・・・1/2袋(約100g)

〈ドレッシング〉
・酢・・・・・小さじ2
・砂糖・・・・小さじ1
・醤油・・・・小さじ2
・ごま油・・・大さじ1(好みでラー油に替えて)
・塩・・・・・1g(薄ければ足してください)
・コリアンダーパウダー・・・2g(小さじ1)
・お好きなナッツ・・・・・・10g(砕く)

・糸唐辛子(飾り)・・・適量

【手順】
1.鍋にお湯を沸かす。酒を入れてさらに沸かし、アルコールを飛ばしたら火を止め、豚しゃぶしゃぶ肉を入れて色が変わるまでしゃぶしゃぶする。
肉を取り出したらもう一度沸かし、火を止めてまたしゃぶしゃぶする。
一度にすべてのお肉を入れるのではなく、2~3回に分けて行う。

2.豚肉はザルに上げ、食べる前まで冷蔵庫で冷やす。
氷で締めないことで、柔らかい冷しゃぶ肉がいただけます。

3.水菜は根元の土をしっかり洗い、2~3cmの食べやすい長さに切っておく。

4.〈ドレッシング〉の材料を全て混ぜておく。油と酢がよく馴染むように、ひたすら混ぜる。

5.豚しゃぶ肉を皿に盛り、水菜を乗せて〈ドレッシング〉をかけたら完成!
少し置いておき、水菜が軽くしんなりした頃が食べやすいでしょう。

Sponsored Links

今回のスパイスつまみに合うお酒

ハイボール

スパイスの香りをまとったじゃがいもで、ホクホクの口の中をハイボールでスッキリと!

ビール

もちろんビールもオススメ。バターと醤油が染み染みの大根ステーキにキレをプラス。

ジンソーダ

個人的に好きなジン。日本のボタニカルが和風の味付けにピッタリです。ソーダ割りでどうぞ!

おわりに

今回ご紹介したつまみ以外にも、普段のおつまみにもスパイスを振りかけてみれば、もっとお酒が進むかも???

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました