【パンやワインと一緒に】鶏とタコのアヒキーマ【アヒージョ×キーマ】

肉のカレー

こんなあなたに作ってほしい!

  • パンやワインに合うスパイスカレーを作ってみたいあなた
  • 引き算したスパイスカレーを作ってみたいあなた
  • カレーらしさにとらわれないあなた

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。
今回はパンやお酒に合う、これまでとは一味違うカレー「鶏とタコのアヒキーマ」をご紹介します。

このレシピは知人からの依頼で、ワインに合うように考えたカレーです。
いわゆる「スパイスカレーらしい」カレーではワインに合わないだろうと考え、スパイスカレーの作り方は抑えつつも、スパイスや材料の引き算を行いました。そして、ワインの肴である「アヒージョ」の要素を足し算して完成したのがこの「鶏とタコのアヒキーマ」です。

出汁を吸ったタコと鶏ひき肉の旨みと、最後にテンパリングして入れるにんにくのパンチで、お酒が進むと好評でした。バゲットにつけたり、チャパティにつけてもおいしいカレーです。
ご飯にかけるだけではないスパイスカレーの楽しみ方をぜひお試しください。

お酒に合うといえば、こんなレシピもあります。ぜひ合わせてご覧ください。

Sponsored Links

鶏とタコのアヒキーマの材料

【材料(2〜3人前)】
・鶏ひき肉・・・・・・・100g
・ゆでタコ・・・・・・・100g
・玉ねぎ・・・・・・・・100g(0.5cmの薄切り)
・アンチョビ・・・・・・5g(あれば)
・マッシュルーム缶・・・50g
・しょうが・・・・・・・5g(みじん切り)
・油・・・・・・・・・・大さじ1
・玉ねぎ脱水用の塩・・・1g
・塩・・・・・・・・・・2g

〈かつおと昆布出汁〉
・水・・・・・・・250cc
・昆布・・・・・・5g
・かつおぶし・・・5g

〈スタータースパイス〉
・鷹の爪・・・・・・2本
・カルダモン・・・・2粒(つぶして中の黒い粒を使う)

〈パウダースパイス〉
・コリアンダー・・・・・小さじ2
・カイエンペッパー・・・小さじ1/2

〈仕上げのスパイス〉
・オリーブオイル・・・・大さじ1
・マスタードシード・・・小さじ1/4
・にんにく・・・・・・・5g(みじん切り)

・差し水・・・50cc×2回分

鶏とタコのアヒキーマの手順

【手順】
1.鍋に水と昆布を入れ、30分置いておいたら、弱火〜弱めの中火で火加減を調節しながら、沸騰させないように10分かけて煮出す。その後昆布を取り出し、沸騰させたらかつおぶしを入れて3分置いて、濾しておく。

2.フライパンに油を熱し、弱めの中火で〈スタータースパイス〉を熱する。

3.鷹の爪の色が変わったら、強めの中火にして、玉ねぎと脱水用の塩を入れて広げたら、3〜4分放置する。端から焦げてきたら軽く混ぜ、1回目の差し水をする。よく混ぜて茶色が広がり、水分が飛んできたら2回目の差し水をして、全体を茶色にする。

4.中火にしてしょうがを入れ、香りが立ってきたらアンチョビを入れてよく混ぜ、その後鶏ひき肉を入れる。色が変わったら弱火にして〈パウダースパイス〉を入れ、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。

5.タコとマッシュルームを入れて馴染ませたら、〈かつおと昆布出汁〉を入れて、沸騰させたら弱火で15分煮込み、その後10分休ませる。

6.別のフライパンにオリーブオイルを熱し、中火でマスタードシードを加熱する。パチパチと弾けてきたら弱火にしてフタをして、音が止むまで待つ。
その後、弱めの中火にして、にんにくを入れて、香りが立つまで熱する(テンパリング)。

まさかのニンニクをテンパリングします

7.カレーのフライパンに火をつけて温まってきたら、6.のテンパリングしたスパイスをオイルごとかけて3分煮込む。

ジュワーッ!って音がたまりません!

8.パセリやブラックペッパーをかけたら、バゲットなどのパンと一緒にどうぞ。

Sponsored Links

今回のピックアップスパイス

ニンニク

言わずと知れた「ニンニク」も、意識していないかもしれませんがスパイスのひとつです。
生のときの強力なあの匂いは、細胞が壊されたときにうまれるアリシンという成分のせい。でも、しっかり火を通せば食欲をそそる香りと、甘みを持つ成分に生まれ変わります。

本来調理の最初で肉に漬けこんだり、途中に加えて使うのですが、今回はアヒージョらしさを出すために、テンパリングして最後に加えてみました。

おわりに

スパイスカレーの作り方は守りつつも、全く違う味わいのカレーができたのではないでしょうか。もはやスパイスカレーではなく「スパイス料理」かもしれないのはご愛嬌。

出汁を吸ったタコと鶏ひき肉に、にんにくの刺激オイリーでトロッとしたグレイビーはパンによく絡みます。左党でなくても楽しめるカレー、新しい選択肢としてぜひお試しください。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました