焼き目が香ばしい!ジャーマンブロッコリー

スパイスおかず

はじめに

焼いたブロッコリーは香ばしくも甘い。

こんにちは。カルダモン26です。今回は焼き目をしっかりつけたブロッコリーの香ばしさが美味しい炒めものをご紹介します。

ちょうどジャーマンポテトのポテトをブロッコリーに入れ替えたので、「ジャーマンブロッコリー」です。

このレシピについて

大きなブロッコリーを手に入れたので、何か料理できないかと考えていると、去年あたりに、グリルでしっかり焼き目をつけたブロッコリーが美味しかったことを思い出し、それを使った炒めものを作ろうと考えました。

ふと頭をよぎったのが、ベーコンと一緒に炒め、マスタードで風味をつけるというもの。ちょうどジャーマンポテトのポテトをブロッコリーに入れ替えた感じです。

ブロッコリーは油と塩をまぶし、焼き目をつけるまで焼いたら、甘みが目立つようになり、本当に美味しいです。

焼いたブロッコリーとマスタードシードの香ばしさが香りの相乗効果をもたらし、ブロックベーコンのコク、そしてそれらをまとめる粒マスタードの酸味がゴキゲンな一品になりました。

Sponsored Links

焼き目が香ばしいジャーマンブロッコリーのポイント

ブロッコリーはしっかり焼いて!

油と塩をまぶして焼き目がつくまでしっかり焼いたブロッコリーは、そのままでも美味しいです。

ブロッコリーの苦味が焼き目の香ばしさでマスキングされるだけでなく、甘みが引き出されて、ブロッコリーの美味しさに気づけます。

芯も外の筋張った部分を除けば食べられます。これまたホクホク甘く、たまりません。

マスタードはダブル使いで!

マスタードシード(イエロー)

香ばしさを加えるマスタードシードと、酸味を加える粒マスタード。2種のマスタードはブロッコリーのつぼみの部分によく絡み、風味よくいただけます。

同じマスタードでも、加工の違いで違った風味をもたらすのが面白いです。

ベーコンはなるべくブロックで

ベーコンはブロックをおすすめします。
ゴロゴロとしたブロッコリーと食感のテンションを合わせるためでもありますが、やはりジューシーさが違います。

Sponsored Links

焼き目が香ばしいジャーマンブロッコリーの材料

【材料(1〜2人前)】
・ブロッコリー・・・150g
・オリーブ油・・・・大さじ1×2
・塩・・・・・・・・2g

・ベーコン・・・・・・・100g(拍子木切り)
・にんにく・・・・・・・5g
・マスタードシード・・・1g
・粒マスタード・・・・・小さじ1

・ブラックペッパー・・・0.5g(10粒程度)
・ゆで卵・・・・・・・・1〜2個

焼き目が香ばしいジャーマンブロッコリーの手順

【手順】
1.ブロッコリーは下を向けてよく洗い、一口大に切る。芯は筋のある周りの部分を削ぎ、乱切りにする。
ボウルに切ったブロッコリーを入れ、オリーブ油大さじ1をまぶして塩をかけ、中温のグリルで5分焼く。途中様子を見て、焼き目がついたらひっくり返す。

フライパンで焼く場合は中火で焼く。このとき、焼き目がつくまで触らない。

2.フライパンにオリーブ油大さじ1とマスタードシードを入れ、中火で熱する。パチパチ跳ねてきたらフタをして音が止むまで待つ。音が止んだらベーコンを焼きはじめる。

3.ベーコンに焼き目がついたらひっくり返してにんにくを入れて炒める。
にんにくのよい香りが立ってきたら焼いたブロッコリーを入れ、全体がよく馴染んだら粒マスタードを入れてよく混ぜる。

炒めすぎると焦げるので注意
サッと炒めて軽く酸味を飛ばします

4.皿に盛り、ブラックペッパーをかけて完成。ゆで卵などを添えて。

Sponsored Links

甘み引き出す焼き野菜

アブラナ科は焼き目をつけると何ともおいしいです。

焼き菜の花でスパイスカレーはいかがでしょうか。

おわりに

焼きブロッコリーの香ばしさとマスタードシードの香ばしさが相乗効果をもたらし、後味に来る粒マスタードの酸味がニクい演出。

ご飯のお供にも十分なれるポテンシャルがありますが、やはりビールや白ワインなんかと一緒にいただきたくなる味わいです。

焼いたブロッコリーは本当におすすめです。ぜひお試しください。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました