とろりと煮えた大根で温まる“ベーコンと大根のコンソメ煮”

スパイスおかず

はじめに

とろりと煮えた大根と、ベーコンのコク。

こんにちは。ハセガワタクミ(カルダモン26)です。
今回は、大根を薄めに切り、短めの煮込み時間でも、とろりと煮える「ベーコンと大根のコンソメ煮」をご紹介します。

ローリエとにんにくで香りよく仕上げたコンソメ煮は、シンプルながらも奥深い味わい。
少し冷えるような日に、ほっこり温まる一品です。

このレシピについて

母が昔、肌寒い時期の夕食によく作ってくれたのが、ベーコンと大根のコンソメ煮。
薄めに切った大根で、短めの煮込み時間でも、とろりと煮えるようにするのと、淡口醬油をひと回しすることで、ご飯にも合うような味付けでした。

今回は、その思い出の味を、スパイスなどを追加してアップデート。
シンプルな旨さはそのままに、コクや風味を足しました。

ベーコンは、ブロックベーコンにして、煮込んだ後でも具として存在感を出しました。
ローリエとにんにくを加えて香り高く、そして食欲そそるような風味を加え、肌寒い時期でもたっぷり食べられるように。

パンに合うとは思いますが、それ以上にご飯に合うのは、淡口醬油のおかげです。
練り辛子をつけて、洋風おでんな気分も楽しめます。

Sponsored Links

ベーコンと大根のコンソメ煮のポイント

大根は薄めに切って、すぐに煮えるように

大根は1cmに満たないぐらいの薄さに切ることで、煮込み時間は短めでもとろりと煮えます。
薄いといっても、しっかり味が染みており、じゅわっとスープが染み出します。

さらに煮込み時間を短くするなら、あらかじめレンチンするのも手です。
また、大根を冷凍しておき、柔らかく煮えるようにするのもいいと思います。
ただし、溶けてなくなる恐れがあるので、冷凍するときは、若干厚めに切ってください。

煮込んですぐは、大根の食感が残っている部分と、とろりと煮えた部分のコントラストを楽しめますが、やはり一度冷ましてからのほうが、しっかり味が染みて美味しいです。余裕があれば一度冷ましてください。

スパイスが旨みを引き立てます

今回加えたのはにんにくローリエ。仕上げにブラックペッパーと練り辛子。
いずれも旨みを引き立てるために使います。

にんにくと油でコク感があり、シンプル寄りな味わいながら、物足りなさはありません。
そしてローリエの風味がスッと通り後味よく。

寒い時期でもたくさん食べられそうです。

また、元々食べ飽きない味わいではありますが、辛子をつけて味変するとまた美味しいです。
洋風おでんの気分でどうぞ。

Sponsored Links

ベーコンと大根のコンソメ煮の材料

【材料(2~3人前)】
・大根・・・・・・・・・1/2本(約500g)
・ブロックベーコン・・・200g

・オリーブ油・・・大さじ1
・にんにく・・・・1片(約5g・包丁の腹で潰す)
・ローリエ・・・・1枚
・水・・・・・・250cc

・コンソメキューブ・・・1個
 食塩相当量1個あたり2.5gのもの
・塩・・・・・・2g
・淡口醬油・・・小さじ1

〈仕上げ〉
・ブラックペッパー・・・お好きなだけ
・練り辛子・・・・・・・お好きなだけ

ベーコンと大根のコンソメ煮の手順

1.大根は皮をむき、0.5cmぐらいの薄さの半月切りにする。
ブロックベーコンは1cmぐらいの厚みで食べやすい大きさに切る。

2.鍋にオリーブ油を敷き、にんにくを入れて弱めの中火~中火で加熱する。
にんにくを焦がさないように熱し、良い香りが立ってきたら、ローリエを半分に折って入れ、ローリエの色が茶色く変わったら、ブロックベーコンを炒める。

小さいローリエだったので2枚入れました

3.ブロックベーコンにうっすら焼き目がついたら大根、塩を入れて炒める。
大根の表面に油が回ったら水を注ぎ、コンソメキューブを入れて煮立たせる。

煮立ったら淡口醬油を回しかけてフタをし、弱火で20分煮る。

4.フタを開けて味見をし、足りなければ塩か醤油を補う。
ローリエを抜いて皿に盛り、ブラックペッパーを振ったら、お好みで練り辛子を添えて。

時間に余裕があれば、一度冷まし、味をより染みこませてから、温め直して召し上がってください。

Sponsored Links

肌寒い時期のスパイス×煮物

カレー風味のスープでロールキャベツを煮込んだら、スープまで美味しい一品に。
パンなどを添えて、余さずいただきましょう。

カルダモンの爽やかな香りが、まったりとしたクリーム煮に広がります。
くどくないから、ご飯と一緒でも美味しくいただけます。

ターメリックとクミンで、里芋の素朴な甘みを引き立てた煮物。
ほっくり、ねっとり仕上げたいので、ぜひ皮付きの里芋をお求めください。

おわりに

シンプルな具材たちで作る煮物ですが、味や香りがよく出るものばかりなので、しっかり満足感があります。
スパイスは隠し味的に使い、旨みと風味を引き立てました。

肌寒い時期には、アツアツの味染み大根とスープで温まりましょう。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

余談

母はすでに他界しており、母が作るベーコンと大根のコンソメ煮はもう食べられないのですが、ふと思い出したので作ってみました。
お世辞にも料理が得意……とはいえなかった母ですが、印象深い味は今も残っています。

今回のように、私の手でアップデートして残していければと思います。

この手の煮物はストウブやル・クルーゼなどの鋳物ホーロー鍋が便利です。
食卓にそのまま持って行っても映えるのもポイント。

私は今回ストウブ18cmを使用しています。

今回は味の素コンソメキューブを使いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました