シャクシャク食感!たけのこのキラタ〈スリランカのココナッツ煮〉

スリランカカレー

はじめに

シャクシャク噛みしめる、たけのこの甘みとスパイスの香り。

こんにちは。カルダモン26です。
今回はスリランカ料理の野菜のココナッツ煮、「キラタ」をたけのこで作ります。

シャクシャクとした食感はスリランカ料理のプレートに華を添え、嚙みしめる度に広がるココナッツとたけのこの、ほのかな甘みを楽しめる副菜になりました。

このレシピについて

いんげんのキラタ

元々は「いんげんのキラタ」で知った「キラタ」という料理。さやいんげんの青さと、にんにくやしょうがの香り、粒マスタードの酸味がマッチしてとても美味しい料理でした。

ビーツなど、ほかの野菜でも出来るということで、今回は手に入りやすいたけのこの水煮パックを使って作ってみます。

*****

たけのこと言えばのシャクシャク食感が残るように、煮込みは軽め。

一緒にマリネしたかつお節の旨みとたけのこの相性は言わずもがなですが、不思議と粒マスタードとも合うのが、スリランカ料理を作っている上での新発見です。

肉がホロホロになるまで煮込むことが多いスリランカカレーのアクセントにピッタリの副菜ができました。

Sponsored Links

たけのこのキラタのポイント

食べれば食べるほどクセになる

口に運ぶと真っ先に感じるのは、やはりシャクシャク食感。
噛みしめるほどにココナッツとたけのこの、ほのかな甘みが出てきます。

それをスパイスの香りと粒マスタードの酸味が引き締め、かつお節からの旨みが出てくれば不思議とライスが進む副菜に。

しっかり野菜なのにライスが進むのは、さすがスリランカ料理。食べれば食べるほどクセになる一品です。

スリランカカレーに欲しかった食感のアクセント

スリランカのチキンカレー

スリランカのお肉で作るカレーは、日本で一般的に広まっている「スパイスカレー」とは少し違い、とにかく煮込んで作られます。

スプーンで崩せるような柔らかいお肉と、旨みが溶け出た多めの汁気をサラリと食べるのが特徴で、もちろんライスとの絡みもよく美味しいのですが、食感は単調になりがち。

そこに、シャクシャク食感のたけのこのキラタを加えれば、たちまち食感でも飽きさせないプレートになります。

Sponsored Links

たけのこのキラタの材料

【材料(4~5食分)】
・たけのこの水煮・・・300g(1袋)
・玉ねぎ・・・・・・・30g(薄切り)
・トゥナパハ・・・・・・小さじ1
 スリランカのミックススパイス。
 なければ辛みのないガラムマサラで代用する
・カレーリーフ・・・・・ひとつまみ(あれば)
・ブラックペッパー・・・小さじ1/2
・青唐辛子・・・・・・・1本(斜め小口切り)
・かつお節・・・・・・・1g程度
・粒マスタード・・・・・小さじ2
・塩・・・・・・・・・・3.5g

・マスタードシード・・・・1g
・にんにく・・・・・・・・5g(すりおろし)
・しょうが・・・・・・・・5g(すりおろし)

・サラダ油・・・・・・・・大さじ1
・ココナッツオイル・・・・大さじ1
 なければサラダ油を大さじ1追加する

・水・・・・・・・・・・・30cc
・ココナッツミルク・・・・50cc

〈仕上げ〉
・カルダモンパウダー・・・0.3g(1~2振り)

たけのこのキラタの手順

【手順】
1.たけのこの水煮は、穂先~中央部を0.5cm以下の厚みでくし切りに、根本部分は0.5cm幅の拍子木切りにする。
たけのこの酸味が気になる場合はサッと茹でる。
粒マスタードの酸味と競合するので、たけのこの酸味を抜いておくのをおススメします。

2.大き目のボウルに、たけのこの水煮~塩までの材料を全て入れて混ぜる。

3.フライパンにサラダ油とココナッツオイル、マスタードシードを入れたら中火にかける。マスタードシードがパチパチと跳ねてきたらフタをして音が止むまで待つ。

ココナッツオイルを入れると白くなります

音が止んだらフタを外し、火を一度弱めて、にんにく、しょうがを入れて熱する。
中火に戻して熱し、にんにく、しょうがが色づいたら、2.で混ぜた材料を全て入れて炒める。

4.油が回ってきたら水を注ぎ、フタをして弱めの中火で5分蒸し焼きにする。

5.ココナッツミルクを入れて混ぜたら、5分程度煮て味見をし、塩が足りなければ補う。仕上げにカルダモンパウダーをかけてひと混ぜすれば完成。
このとき、カルダモンは必ず皿に出してから入れる(ビンから振り入れると湿気るため)

参考レシピ:「家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理」-河出書房新社 香取薫さんのレシピ

Sponsored Links

和×スリランカカレーと副菜たち

上から時計回りにポルサンボル、たけのこのキラタ,香味ポークカレー、わさび菜サンボル

上のスリランカ料理プレートのレシピは以下の通りです。

*****

ホロホロにとろける豚肉が、焦がした香味とゴラカの燻製香をまといます。

いくらでも食べたくなる、箸休め的サラダ。

これさえあればご飯が進む。かつお節のだしがらで和のテイストを。

おわりに

シャクシャク食感を噛みしめるうちに広がるココナッツとたけのこの甘みが楽しい副菜、「たけのこのキラタ」でした。

トゥナパハやカレーリーフの香りと、粒マスタードの酸味がアクセントになり、かつお節の旨みと合わさった味わいは、スリランカ料理でしか食べられないような独特の味わいです。

だけど、しっかり野菜でライスが進むのが、さすがスリランカ料理。
たけのこ以外にもさやいんげん、ビーツ等、色々できるとのことですので、一度お試しを。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました