鶏と煮干しの旨みが染みた“ごぼうとれんこんの根菜ゴロゴロスープカレー”

スパイスカレー

はじめに

鶏と煮干しのダブル出汁が染みわたる。

こんにちは。ハセガワタクミ(カルダモン26)です。
今回は、鶏と煮干しのダブル出汁が具材に染みた、「根菜ゴロゴロスープカレー」のご紹介です。

食感が残るようにゴロっと切ったごぼうとれんこん、そしてホクホクのじゃがいもを口いっぱいにほおばると、出汁の旨みと、根菜そのものの旨みがグッと広がります。

ホロホロに煮えた鶏手羽元を崩しつつ、ライスに絡めて食べるのもまた美味しく、満足度たっぷりのスープカレーに仕上がりました。

このレシピについて

久しぶりにコ〇イチに行くと、スープカレーが置いてあったのを見て、久々に作りたくなってきました。

スープカレーというからには、スープの旨みが大事。
今回はチキンブイヨン+鶏手羽元の旨みに加え、煮干しを使って、さらに奥深い旨みを加えました。

そんなダブルの旨みを吸った根菜たちが抜群の美味しさ。
根菜からもしみじみとした旨みが出るから、これだけでもご飯が進みます。

さらに、ごぼうを始めとする根菜の香りもよく出ており、地味に見えて、実はすごい根菜類のパワーを感じます。

じゃがいもが溶けたとろみでご飯との馴染みもよくなっています。
ちょっと辛めにしたけど、じゃがいもの甘みがいい感じに中和してくれて、ホッとするような味わいになりました。

根菜ゴロゴロスープカレーのポイント

根菜はゴロっと大きめに

先にも書いたように、旨みと香りがしっかり出る根菜。
ゴロっと大きめに切って、食感と味わいを存分に楽しみましょう。

特に、ごぼうは味と香りが濃くて一番旨いです。
風味を楽しむために、できれば土が残っているものを買ってきて、アルミホイルを丸めたもので皮を剥きすぎないように落としたら、麺棒などで叩いて、大きめに切ってください。

Sponsored Links

根菜ゴロゴロスープカレーの材料

【材料(2~3杯分)】
・鶏手羽元・・・300g
・油・・・・・・大さじ1
・玉ねぎ・・・・150g
・塩・・・・・・5g~

〈GGペースト(材料を全て混ぜておく)〉
・しょうが・・・5g(すりおろし)
・にんにく・・・5g(すりおろし)
・水・・・・・・100cc

・ホールトマト缶・・・80g(軽く潰す)

・ごぼう・・・・・100g(できれば土付き)
・れんこん・・・・150g
・じゃがいも・・・150g(メークイン)

・煮干し・・・3〜4本
・水・・・・・350cc

・チキンブイヨン・・・1本(6g)
・醤油・・・・・・・・小さじ2

〈パウダースパイス〉
・クミン・・・・・・・・5g(約小さじ2)
・コリアンダー・・・・・5g(小さじ2強)
・カイエンペッパー・・・2g(小さじ1弱)
 ※ちょっと辛めなのでお好みで調整してください
・ターメリック・・・・・1g(約小さじ1/4)
・フェヌグリーク・・・・1g(約小さじ1/3)

〈仕上げ〉
・ゆで玉子・・・2〜3個
・ブラックペッパーやバジル・パセリなど・・・お好きなだけ

根菜ゴロゴロスープカレーの手順

0.最初に、鍋に頭と腸を取った煮干しと水を入れておく。

1.鶏手羽元は骨と肉の間に包丁で切れ目を一本入れておく。

フライパンに油を中火で熱し、鶏手羽元を焼く。
皮に香ばしい焼き色がついたらひっくり返し、裏面も焼く。

両面を焼いたら(お肉の赤い部分が残っていてもいい)
煮干しと水を入れた鍋に、鶏手羽元、チキンブイヨンを入れて火にかける。

2.ごぼうは皮をアルミホイルを丸めたものでこすって落とし、よく洗ったら、
麺棒などで叩いてだいたい半分に割ったら、3〜4cmの長さに切り、水につける。

れんこんとじゃがいもは、皮を剥いて3〜4cmの乱切りにし、耐熱ボウルに入れてラップをかけたら、500wのレンジで7〜8分チンする。

れんこんの変色防止のために酢水につけておいても〇

3.ごぼうを浸けていた水を捨てたら、1.の鍋にごぼう、れんこん、じゃがいも、塩4gを入れて、弱火~弱めの中火で煮込み始める。

4.野菜のレンチンの間に、鶏手羽元を焼いたフライパンに油を補って強めの中火に熱し、玉ねぎと塩1gを入れて炒める。

玉ねぎの端が色づいてきたら、差し水(だいたい50~100cc)をして、溶かしつつ炒め煮する。

〈GGペースト〉を入れてさらに炒め煮し、ヘラなどで玉ねぎを潰しながら、にんにくとしょうがの香りが立って、水分が飛ぶまで炒める。

ホールトマトを入れて水分を飛ばし、底をヘラでなぞっても水気が出てこなくなったら、火を弱めて〈パウダースパイス〉を入れる。

↓レシピではこの工程を、かなりかいつまんでいるので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

5.スパイスの粉っぽさがなくなるまでよく炒めたら、フライパンの中身を、油ごと全て鍋に入れて、よく混ぜる。

醤油も入れてさらに煮込み、沸騰してきたら、端を少しだけ開けてフタをし、弱火で30分煮る。
その間にゆで玉子を作っておく。

ちょっとだけ開けておいてください

6.30分煮込んだらフタを開けて味見をし、足りなければ塩を足す。

器に盛りつけてゆで玉子を乗せたら、ブラックペッパーやバジル・パセリなどをお好みでかけて完成。
ご飯と一緒にどうぞ。

Sponsored Links

根菜×スパイス

根菜たっぷりの筑前煮をカレー風味に仕立てました。
根菜の旨みが詰まった、とろりとした煮汁まで全部美味しい一品です。

カリっとさせた豚肉とシャキシャキれんこんに、豆板醤のピリッとした辛みと、五香粉の甘く爽やかな香りの「甘辛」味が食欲そそります。

黒ごまとクミンで深い香りとまとわせた根菜の旨みを楽しむ炒めもの。
負けないように、旨みの強い牛肉を合わせて。

おわりに

ゴロゴロ根菜の旨みと食感でお腹も心も大満足な一品。しっかり旨みがあるけど、なんだかホッとする素朴な味わいも感じられます。

スープよりは具材がメインで、スープカレーというよりは「煮込みカレー」という趣が強いかも。
とはいえ、一回ご飯にかけてみてもしっくりこなかったので、やっぱりこれは「スープカレー」ということで。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

↓今回はこのチキンブイヨンを使いました。食塩相当量2.7g。化学調味料無添加なので気兼ねなく使えます。

↓今回はこのストウブで煮込みました。分量はこれにギリギリ入るぐらい。
フタを閉めて煮込むと水っぽく仕上がるので、味わいを凝縮したいときは、ちょっとフタを開けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました