リッチな美味しさ広がる、“スリランカ風ほうれん草のオムレツカレー”

スリランカカレー

はじめに

食べればわかる、リッチな美味しさ。

こんにちは。ハセガワタクミ(カルダモン26)です。
今回は、スリランカ料理本で見つけたまさかの料理、「オムレツカレー」をアレンジし、ほうれん草オムレツを入れたカレーを作ってみたのでご紹介しようと思います。

カレーのトッピングとしてならよくあるオムレツですが、これは具材として使うびっくりカレー。
話を聞いただけでは理解不能だった私ですが、作って食べて納得の美味しさ。
ココナッツミルクたっぷりのグレイビーをオムレツにまとわせると、なんともリッチな味わいが広がります。

スリランカらしく、グレイビーもオムレツも辛くして、たっぷりのライスと共に食べるのがおススメです。

このレシピについて

スリランカ料理の本を眺めていると、驚きのレシピを発見。
なんと、オムレツをカレーに入れるというのです。

オムレツの具材を色々変えて楽しめそうだなと思い、ほうれん草が旬だったのもあって、今回はほうれん草オムレツのカレーにしました。

ココナッツミルクをふんだんに使い、まったりだけどピリ辛なグレイビー。それをまとった、ほうれん草オムレツが意外(?)にもマッチング。
グレイビーに埋もれないよう、青唐辛子の辛みとにんにくを効かせた、パンチのあるほうれん草オムレツが旨くてライスが進みます。

そのままでも(塩気を足せば)食べられるオムレツですが、グレイビーに入れることでリッチ感がグッと増します。
また、オムレツについた焼き目の香ばしさが顔を出すとたまりません。

オムレツの中には、崩れてグレイビーと一体化してしまったところもありますが、それもまた一興。
あえて崩して混ぜてみるのも美味しかったです。

ルヌミリス(写真右の赤いペースト)を付けるとさらに旨いのでおススメ。
辛みと旨味、そして軽い酸味が加わってスプーンが止まらなくなります。

ほうれん草オムレツのカレーのポイント

オムレツの具はお好みで

今回はほうれん草が旬の時期に作ったので、ほうれん草オムレツにしてみましたが、入れる具材はお好みで変えてみてください。
具材によって、入れるスパイスも変えてみると色々楽しめそうです。

このレシピではほうれん草と卵に合うナツメグを入れたり、パンチを出したかったので、グレイビーだけなく、オムレツにもにんにくを入れてみました。

なお、スリランカのオムレツは辛いとのことで、このレシピでは青唐辛子で辛くしています。
食べてみると、ここは結構大事に感じられたので、具材を問わず「辛いオムレツ」として作ってみてくださいね。

Sponsored Links

ほうれん草オムレツのカレーの材料

【材料(2〜3食分)】
〈ほうれん草オムレツ〉
・ほうれん草・・・100g(茹でる前・約1/2袋)
・塩・・・・・・・5g
・水・・・・・・・1L

・卵・・・・・・2個
・塩・・・・・・1.5g
・玉ねぎ・・・・50g(繊維を断つ薄切り)
・青唐辛子・・・1本(あれば・斜め小口切り)
・にんにく・・・5g(1片・みじん切り)
・胡椒・・・・・・・・・1.5g(小さじ1/2強)
・ナツメグパウダー・・・0.5g(約小さじ1/4)

・油・・・大さじ1

〈グレイビー〉
・玉ねぎ・・・・50g(繊維を断つ薄切り)
・にんにく・・・5g(1片・千切り)
・油・・・・・大さじ1

・トマト・・・100g(ざく切り)
・塩・・・・・3g

〈パウダースパイス〉
・カレー粉・・・・・・・5g(小さじ2強)
・カイエンペッパー・・・2g(約小さじ1)
・ターメリック・・・・・1g(約小さじ1/4)
・かつお節・・・・・・・2.5g
・ココナッツミルク・・・200ml

〈仕上げ〉
・ブラックペッパー・・・お好きなだけ

ほうれん草オムレツのカレーの手順

1.鍋に水1Lと塩5gを入れて沸かし、ほうれん草を茹でる。
ほうれん草を輪ゴムで縛り、まず茎の部分をつけて1分ほど、葉も沈めて30秒ほど茹でたら冷水にとる。

よく絞ったら、食べやすい大きさ(約3〜4cm)に切る。

2.大きめのボウルに、1.のほうれん草、卵〜塩までの材料をすべて入れて混ぜる。

フライパンに油を熱して卵液を注ぎ、弱めの中火で焼く。
ペチペチとゴムベラなどで叩きながら成形し、固まってきたら、フタをして弱火で2〜3分焼く。

皿に取ってひっくり返し、フタをして弱火で3分ぐらい焼く。
オムレツをフライパンから取り出し、粗熱が取れたら、3〜4cm角ぐらいの適当な大きさに切る。

煮崩れ防止のため、チヂミみたいに叩いて固めに焼きます
お皿を使って確実にひっくり返します
塩気を足せば、このままでも美味しい

3.オムレツを焼いたフライパンに、油を再び注いで熱する。
にんにくを入れて真っ黒に焦げないよう、弱めの中火で香りが立つまで熱する。

玉ねぎと塩1gぐらいを入れて中火にし、玉ねぎの端が少し色づいてくるまで炒める。

4.トマト、残りの塩、〈パウダースパイス〉を入れてさらに炒める。
トマトが崩れてきたら、〈パウダースパイス〉の粉っぽさがなくなるまで、よく混ぜる。

ココナッツミルクを注いで、かつお節を入れる。
トマトをさらに潰しながら、ココナッツミルクとよく馴染ませる。
ココナッツミルクが湧いてきたら、2.のオムレツを静かに入れて、3分ほど煮込む。

トマトとココナッツミルクを一体化
多少崩れても気にしない

5.味見をして足りなければ塩を補い、火を止める。
オムレツを崩さないよう、先にオムレツだけを皿に盛り付けてから、グレイビーをかける。
仕上げに好みでブラックペッパーをかけて完成。

Sponsored Links

一緒に食べたいスリランカ料理

↓切り干し大根で作る、スリランカ風の炒め物。
玉ねぎやトマトの旨みが加わった切り干し大根は、新鮮な味わいながら、どこか食べ慣れたような感じ。

↓大根の葉や小松菜、キャベツなどで作れる炒め物。
玉ねぎの旨みやココナッツファインの甘みとコク、そしてかつお節でとにかくライスが進むおかず。
ほんのり甘いから、辛いカレーのオアシスに。

その他のスリランカカレー・料理は……

↓その他のスリランカカレー・料理のレシピをまとめた記事も合わせてご覧ください。

おわりに

一目見たときは本当に驚きましたが、作って食べると、驚きよりも、意外なまでの馴染みの良さに安心感さえ覚えました。

一旦完成させた料理をさらに調理する……ということで、ためらうことがあるかもしれませんが、思い切って入れてみてください。
リッチな美味しさに出会えます。

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

参考:「スパイスカレーと野菜のおかず スリランカのまかないごはん」イカロス出版 – 石野明子(著)
「オムレット・ホディ・ミリサタ」より

コメント

タイトルとURLをコピーしました