食べて驚き、シナモンの甘い香り広がる“牛乳プリン”

スパイス料理

はじめに

白さの中に、秘めた魅惑の香り。

こんにちは。ハセガワタクミ(カルダモン26)です。
今回は、大好きなミルクプリンに、シナモンなどのスパイスを入れて風味よく仕上げた「シナモン香るミルクプリン」のご紹介です。

シナモンをはじめとする甘い香りのスパイスで、ミルクの臭みを消しつつ、甘く、すっきりとした香りを加えました。
ホールスパイスを煮出して風味をつけるので、ミルクプリンの真っ白な見た目では分からない、魅惑の香りが特徴です。

ちょっと牛乳が余り気味のときにも使えるレシピ。ゼラチンで冷やし固めるだけなので簡単に作れます。

このレシピについて

冷蔵庫を開けると、消費期限が怪しい牛乳が大量に余っていたときの絶望感たるや。
意識して飲まないと、なかなか牛乳は減りません。

そんなときは、一気に使えるミルクプリンがおススメ。
スパイスを加えれば、牛乳の臭みを消すことができるので、消費期限が怪しい牛乳でも美味しくいただけます。

色味が出にくいホールスパイスを煮出して香りをつけたので、真っ白な見た目からは分かりませんが、シナモンたちの香りをしっかりと封じ込めてあります。

一口食べると、ミルクプリンの素朴な甘さに、シナモンたちの甘い香りが広がって、奥行きのある味わい。
後味に広がる香りの余韻もあって、幸福な時間が流れます。

シナモンパウダーをあとがけすると、甘みが引き締まるだけでなく、パウダーのシャリシャリ食感も加わって、また美味しくなりますから、ぜひお試しください。

Sponsored Links

シナモン香るミルクプリンのポイント

シナモン以外も入れてみて

「シナモン香る」レシピですが、シナモン以外のスパイスも入れることをおススメします。

シナモン単体だと、シナモンの主張が強すぎて、薬臭い風味になってしまい、かえって香りを楽しめないことも。
それを解消するのが、他にもスパイスを加えることです。
同系統の香りを持つスパイスを組み合わせて入れることで、それぞれのクセを打ち消し合い、良い面だけを際立たせてくれます。

このレシピではクローブとカルダモンを一緒に入れましたが、他には、ナツメグ(orメース)もおススメのスパイスです。

↓まさに今回加えたスパイスが揃ったセット品。

シナモン香るミルクプリンの材料

【材料(200mlぐらいのカップ3~4個分)】
・牛乳・・・・・・・400cc
・グラニュー糖・・・60〜80g
 60gなら控えめな甘み、80gならしっかりした甘みに

〈ホールスパイス〉
・シナモンスティック・・・5g(小さく割る)
・クローブ・・・・・・・・4〜5粒
・カルダモン・・・・・・・2〜3個(軽く潰す)

・粉ゼラチン・・・5g
・水・・・・・・・50cc

〈食べる前に〉
・シナモンパウダー・・・1個あたり小さじ1/4ぐらい

シナモン香るミルクプリンの手順

1.鍋に牛乳、グラニュー糖、〈ホールスパイス〉を入れて火にかけ、沸騰させないように、ゆっくり加熱してスパイスを煮出す。

2.粉ゼラチンと水は耐熱ボウルに入れて500wのレンジで30秒チンする。

鍋の牛乳が80℃ぐらいまで温まったら、溶かしたゼラチンを入れてよくかき混ぜる。

3.スパイスを濾しとり、大きめのボウルに入れたら、氷水に当てて粗熱を取る。
お好みの容器に注いで、冷蔵庫に入れて冷やし固める。

4.食べる前にはシナモンパウダーをかけるのがおススメです。

Sponsored Links

ゼラチンで簡単スパイススイーツたち

ゼラチンで固まるギリギリの比率で、トロふわ食感に仕上げたチャイプリン。
紅茶とスパイスの香りにも癒されます。

チョコプリンにカルダモンの甘く、ピリッとした香りを加えて。
甘ったるさが消え、純粋にチョコとカルダモンの風味を楽しめる、ちょっとオトナの味わいになります。

インドやトルコで定番のカルダモンコーヒーをゼリーとして冷やし固めました。
ビターなコーヒーの香りに、カルダモンの清涼感が、食後にピッタリのスイーツ。

おわりに

これまでチャイプリンや、チョコプリンを作ってきましたが、このミルクプリンが、一番素朴にスパイスも楽しめて美味しいレシピに感じられました。

これでもう牛乳を余らせても怖くない……
いや、それまでに意識して飲むようにはしないといけませんね。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

↓今回みたいなプリンを作るのにも便利なWECK。はじめるならセットがおススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました