【シードが弾ける】スパイス炒り玉子【キーマカレーと一緒に】

スパイス料理

こんなカレーと一緒に食べたい!

  • 具材の細かさが近い、キーマカレー
  • チキンカレーと一緒に親子カレーとして
  • いつもの三色丼や三色弁当に変化をつけたいとき

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。今回は炒り卵にホールスパイスが弾ける、「スパイス炒り玉子」をご紹介します。

カレーと一緒に食べられる卵といえば、ゆで玉子や目玉焼き、あるいは生卵。なかなか炒り玉子というものは見かけません。でも、具材が細かく刻まれたキーマカレーには、炒り玉子が合うと思っています。

カレーにおけるトッピングの卵の役割は、もっぱら味わいをまろやかにすることでしたが、この「スパイス炒り玉子」なら、弾けるシードやカレー粉でむしろスパイス感をブースト!
こちらのキーマカレーに入っていないホールスパイスをこの「スパイス炒り玉子」が補完して、香りの幅が広がります。

Sponsored Links

スパイス炒り玉子の材料

【材料(作りやすい分量)】

・卵・・・2個
・塩・・・1g

・油・・・・・小さじ2
・玉ねぎ・・・25g(みじん切り)

〈スタータースパイス〉
・クミンシード・・・・・ひとつまみ
・フェンネルシード・・・ひとつまみ
 (なければクミンシードを倍入れる)

〈パウダースパイス〉
・カレー粉・・・小さじ1/2
・ナツメグ・・・少々

スパイス炒り玉子の手順

【手順】
1.卵をボウルに割って、塩を入れてよく溶いておく。

2.フライパンに油を中火で熱し、クミンシードとフェンネルシードを入れ、30秒ほどして香りが立ってきたら玉ねぎを入れて、端っこがカリッと色づいたら、弱火にして溶き卵を入れる。

3.箸を4〜6本持ってかき混ぜたり、箸でトントン玉子を叩き、炒り玉子にする。〈パウダースパイス〉を振り入れてよく混ぜたら完成!

キーマカレーと緑のスパイス炒めと一緒に乗せれば、「スパイス三色丼(というよりはプレート)」に!

緑のスパイス炒めと言えば、こんなレシピがおススメ!

Sponsored Links

今回のピックアップスパイス

クミンシード

あれこれ使える万能ホールスパイス。噛んだときにプチっと弾けた香りは、意外とスッキリ清涼感。
同じセリ科のホールスパイス、フェンネルシードと一緒に使って、香りの違いを楽しみましょう。

おわりに

カレーのスパイシーさをまろやかにする玉子とはまた違う、むしろスパイス感をプラスする「スパイス炒り玉子」のご紹介でした。

プチプチ弾けるシードは、こういった具材を細かくする料理とよく絡み、噛んだときの香りに、とても楽しくなります。

オイルがあまり出ないので、弁当にもおすすめ。キーマカレーと青菜炒めと一緒にスパイス三色丼弁当などいかがでしょうか。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

参考レシピ
・「関西のスパイスカレーのつくりかた」ガネーシュNさんのレシピ
・「にっぽんのインドカレー 初台スパイス食堂 和魂印才たんどーるの店主が教える本格おうちレシピ」塚本善重さんのレシピ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました