【カレーに食感のメリハリを】砂肝のスパイス炒め【副菜】

スパイス料理

こんなカレーと一緒に食べたい!

  • 野菜中心のベジカレー
  • エッグマサラと一緒に親子(?)カレーとして
  • あえてチキンカレーと一緒に食べても

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。今回はいろんなカレーに独特の食感と刺激的な風味を加えられる、「砂肝のスパイス炒め」をご紹介します。

砂肝は近所ではかなり安く手に入り、クセの少なさもあって、とても好きな鶏ホルモン(モツ)の一つです。特に、塩の焼き鳥で食べるのがおいしいと思っています。

この「砂肝のスパイス炒め」は、前の記事のエッグマサラを作ったときに、物足りなさを感じさせないために作りました。あんまりそんな気がしないのですが、卵と砂肝で、親子カレーにもなります。

砂肝のクセが少ないからこそ、スパイスの香りと塩の旨みが引き立ちます。また、野菜の副菜では実現できない食感と合わせ、カレーの楽しみを増やしてくれます。もちろん、お酒のつまみにも。

刺激的な砂肝のスパイス炒めは、まろやかなエッグマサラと一緒に食べれば、ないものをお互いに補い合い、メリハリがつきます。

Sponsored Links

砂肝のスパイス炒めの材料

【材料(作りやすい分量)】カッコ内の小は小さじを指す
〈砂肝の下処理〉
・砂肝・・・・・・・200g
・ターメリック・・・少量(小さじで1/8程度)
・油・・・・・・・・小さじ2
・水・・・砂肝がひたひたに浸かるほど

・油・・・・・・・・・・大さじ1
・マスタードシード・・・1g(約小1/4)
・クミンシード・・・・・ひとつまみ
・鷹の爪・・・・・・・・1本

〈パウダースパイス〉
・ターメリック・・・・・1g(小1/4)
・カイエンペッパー・・・1g(小さじ1/2)
 辛みを感じやすいので、苦手な方はパプリカに置き換える。
・ブラックペッパー・・・5粒(ミルで挽く)

・塩・・・2g

砂肝のスパイス炒めの手順

【手順】
1.砂肝は横の柔らかい部分を切り、半分に切り分ける。柔らかい部分も美味しいので使う。
コリコリ食感が好きな場合は銀皮を残しておく。それでは硬すぎるという場合は銀皮を取り除く。そして、2〜3本切れ目を入れておく。

銀皮は正直硬いので、取ることをおススメします

2.鍋に水と油とターメリックを入れて沸かし、砂肝を入れて3分茹でる。その後、ザルに上げておく。

3.フライパンに油とマスタードシードを入れて中火で熱し、パチパチと弾けてきたらフタをして音が止むまで待つ。音が止んだらクミンシードと鷹の爪を入れて、クミンがシュワシュワと泡を立てるまで熱する。

4.下茹でした砂肝を入れて炒め、油が馴染んだら弱火にして〈パウダースパイス〉と塩を入れ、粉っぽさがなくなるまで炒めたら完成!

Ex.銀皮を取り除いた場合は、サッと湯引きしてポン酢でどうぞ。

Sponsored Links

今回のピックアップスパイス

ターメリック

今回は下茹でにターメリックを使用しました。砂肝は元々臭みの少ない部位ではありますが、全くないというわけではありません。そんな内臓の処理には、抗菌作用が期待されるターメリックを使って臭みを消しましょう。下茹でのほかにも、マリネすることでも臭みが消せます。

下茹でにターメリックを使うというのは香取薫さんのレシピ本から学ばせていただきました。ありがとうございます。

おわりに

砂肝はやはり塩とスパイスのストロングスタイルでいただくのが似合いだと思います。

副菜として添えれば、あらゆるカレーに、砂肝独特の食感が加わればメリハリがつき、ますます食が進むことでしょう。
砂肝があっさりしているため、辛みを感じやすいです。苦手な方はパプリカパウダーに置き換えることをおすすめします。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

参考レシピ
「薫るスパイスレシピ」香取薫さんのレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました