【レンチンささみアレンジ】ささみとほうれん草の卵とじ

スパイスおかず

はじめに

ささみでもしっかりごちそう感。

こんにちは。ハセガワタクミ(カルダモン26)です。
今回は、レンチンささみのアレンジレシピ3つ目、「ささみとほうれん草の卵とじ」です。

ささみは「節約」や「低カロリー」のイメージから、「ごちそう」とは対極にあるような印象がありましたが、卵でとじれば、何ともごちそう感があるおかずに。
一緒にほうれん草もとじて栄養満点。

しょうがの風味をつけたささみなら、さらに美味しくなります。
ぜひ↓の「レンチンささみ」を使って、作ってみてください。

このレシピについて

残っていた「レンチンささみ」をどうしようかと思っていたら、ほうれん草が安く手に入ったので、「親子丼」×「ほうれん草と卵の炒め」的に作れば美味しくなりそうだと思い、作ってみました。

ホッとする和風の卵とじの中から、ナツメグと山椒の風味がアクセントに。
シンプルな味だから、スパイスで変化をつけるのがおススメです。

味付けは煮干しのダシ感と醤油、みりんで、スッキリ食べられる味わい。
親子丼の感覚で、ご飯に乗せればどんどん進みます。

煮干しがなかったり、調味料の調合が大変な場合は、めんつゆや白だしでもどうぞ。

Sponsored Links

ささみとほうれん草の卵とじのポイント

ナツメグが結構合います

ナツメグ

卵やほうれん草にナツメグが合うのは知っていましたが、和風の味付けにも合うとは、思わぬ発見でした。

ナツメグの持つ柑橘系の香りが、陳皮や柚子などの柑橘系でアクセントをつけた和食を思わせ、共に柑橘系の香りを持つ山椒ともよく合います。

とはいえ、スパイス好きの言うことなので、入れるかどうかはお好みで。
ナツメグがなくても美味しいので、抜きで作ってもいいですよ。

Sponsored Links

ささみとほうれん草の卵とじの材料

【材料(1~2人前)】
・レンチンささみ・・・1本
・ほうれん草・・・・・1/2束・100~130gぐらい
 (茹で後80g程度)
・溶き卵・・・・・・・2個分

・水・・・・・100cc
・煮干し・・・2本

・醤油・・・・・大さじ1〜1.5
 1.5だとしっかり目の味に。お好みで調節してください
・みりん・・・・大さじ2
・ナツメグ・・・0.5g(小さじ1/3ぐらい)

・山椒・・・お好きなだけ

〈レンチンささみがないときは〉
・ささみ・・・1本(約60g)
・酒・・・・・小さじ2
・砂糖・・・・小さじ1

ささみとほうれん草の卵とじの手順

1.最初に、小さいフライパン(20cm程度)に水、頭と腸を取った煮干しを入れておく。

2.「レンチンささみ」を手でほぐし、膜と筋を取る。
※「レンチンささみ」の作り方はこちらの記事をご覧ください。

上の記事のささみがない場合は、以下の方法でささみをレンチンする。

ささみのレンチン

※材料欄の〈レンチンささみがないときは〉の材料を参照。
ささみにフォークを何回か刺したあと、酒と砂糖をまぶし、耐熱容器に入れて真ん中がふんわり浮くようにラップをかける。

500wのレンジで1分チンしたら、ひっくり返してまた1分チンする。
まだ赤い部分が残っていたら10秒ずつ追加して様子を見たら、予熱で5分ぐらい放置して火を通す。

ささみを手でほぐし、膜と筋を取る。
この方法だとささみに塩味がついていないので、味付けのときの醤油を少し多めに入れる。

3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩をふたつまみ(2gほど)を入れ、よく洗ったほうれん草を下茹でする。
葉の部分を持って茎を湯に入れ、30秒ほど茹でたら、葉を沈めてまた30秒ほど茹でる。

すぐに冷水に取り、水気をギュッと絞る(このあとすぐ醤油で煮るので醤油洗いはしません)。
絞ったほうれん草は食べやすい大きさ(3~4cm)に切っておく。

4.卵とじを作る。
1.のフライパンを弱めの中火にかけ、5分くらいかけてゆっくり沸かす。
コンロが複数ある場合は、ほうれん草を茹でている間に沸かしてください。
煮干しを食べない場合はここで除く。

醤油、みりん、ナツメグ、ほうれん草、ささみを入れて中火で煮込み、再び沸いてきたら溶き卵を半分ぐらい注ぐ。

フタをして火を通し、時々様子を見て固まってきたら、残りの溶き卵を注ぎ、フタして1分ほど温めたら、火を止めて予熱で火を通す。加熱が足りなければ再度火をつけて調整する。

とろりと半熟に固まったら器に盛りつけ、お好みで山椒を振る。
(七味唐辛子もかけてみましたが、山椒のほうがよく合います)

Sponsored Links

ほかのレンチンささみアレンジレシピ

山椒が決め手の梅ささみ和風パスタ

だしの素やだし醤油でしっかり目に味を付けたパスタに、梅とささみの黄金コンビがさっぱりと。
和のスパイスである山椒を加えて、キリッと輪郭が引き締まった味わいは箸が止まりません。

れんこんとささみの柚子胡椒マヨサラダ

シャッキリ食感のれんこんに、ほぐしたささみの柔らかな旨みが広がります。
和えるマヨネーズには柚子胡椒と醤油を忍ばせ、このサラダだけで箸が進む味わいに。

スパイスで彩りを添えて、目でも美味しさを加えていただきます。

おわりに

卵があれば、何でもごちそう感が出るとはいいますが、ささみも例外ではありませんでした。
親子ということもあり、よく合います。

ほうれん草も加えて栄養満点。
ちょうど旬の時期は冷えますから、元気をつけるためにもおススメのレシピです。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

↓レンチンささみの作り方はこちらから

↓野菜にもお肉にも合うナツメグは、隠れた万能スパイスです。

↓煮干しのダシはかつおや昆布とは違う、力強さがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました