八角好きなら作って損なし“八角にんにく醤油”とアレンジレシピ3選

スパイスおかず

はじめに

八角が好きな人は作ってください。

こんにちは。ハセガワタクミ(カルダモン26)です。
今回は、八角とシナモンの甘い香りと、にんにくの食欲そそる香りをまとったスパイス調味料、「八角にんにく醬油」と、それを使ったレシピを3つご紹介します。

お家で中華料理や台湾料理を作る際に、醤油の代わりに使ったり、小さじ1ほど回しかければ、コクが高まるだけでなく、風味がグッとよくなり、雰囲気が高まります。

八角がお好きな方なら作って損なし。常備しておきたい「八角にんにく醬油」です。

この八角にんにく醬油について

ある日にバーミ〇ンで注文した「台湾大からあげチャーハン」。
添えられている「香味醤油」の説明には、「八角とニッキなど」と書いてあったので、甘い香りの醤油だとばっかり思っていたら、にんにくがガッツリ効いていて衝撃を受けました。

これがあまりにも好みの味と風味だったので、家でも似たような香味醬油を作ってみることに。

作ってから使えるまでに、少し待たないといけませんでしたが、待ってよかったと思える風味の良さ!

あれこれ使える便利さ

にんにくと、八角・シナモン互いにクセを抑え合い、にんにくのコク感と、甘すぎることのない、風味の良さが際立った、食べやすい香味醬油です。

「にんにく醤油」の香味がさらに奥深くなる調味料。
中華料理、台湾料理だけでなく、八角を使うインド料理や、東南アジアの料理でも使えるのではないでしょうか。

Sponsored Links

八角にんにく醬油の作り方

【材料(作りやすい量)】
・八角・・・・・・・・・・1個
・シナモンスティック・・・2.5g(手で割る)
 カシアシナモンを使用
・にんにく・・・・・・・・1個(根の部分を切り、皮をむく)
・鷹の爪・・・・・・・・・1本

・酒・・・・・30cc
・みりん・・・30cc
・醤油・・・・120〜150cc
手順

1.酒、みりん、八角、シナモンを鍋に入れて煮切る。

八角は小さいものを集めて使っています

2.粗熱を取ったら醤油、にんにく、鷹の爪を入れ、煮沸消毒した保存容器に詰める。

密閉して冷蔵庫に入れ、2〜3日置いて調味料として、2週間ほどで、にんにくも食べられるようになります。

WECKのTULIP200mlだと、醤油120ccがよいです
Sponsored Links

アレンジレシピ3選

ここからは、アレンジレシピを3つご紹介します。

1.八角にんにく醬油をかけて美味しい塩唐揚げ

2.八角にんにく醬油が効いたチャーハン

3.エビと青菜の八角にんにく醬油炒め

上の3つ以外にも、アレンジレシピを作ってみました。あわせてご覧ください。

鶏肉も旨いけど、キャベツが旨い炒めもの。塩と八角にんにく醬油だけで味が決まります。

八角にんにく醬油をかけて美味しい塩唐揚げ

そのまま食べても美味しいですが、八角にんにく醬油につけて食べることで完成します。
また、イメージソースとなった、バー〇ヤンの「台湾大からあげチャーハン」のように、チャーハンの上にこの「塩唐揚げ」をのせ、八角にんにく醬油と一緒にどうぞ。

チャーハンの作り方は後述
【材料(2人前)】
・鶏むね肉・・・300g
〈ブライン液〉
・塩・・・・6g
・砂糖・・・6g
・水・・・・200cc

・塩・・・・・2g
・ブラックペッパー・・・・1.5g(約小さじ1/2強)
・ジンジャーパウダー・・・1g(約小さじ1/2)

・小麦粉・・・大さじ1~
・片栗粉・・・大さじ1~

・八角にんにく醬油・・・お好きなだけ
手順

1.鶏むね肉は縦に半分に切ったあと、繊維を断つようにそぎ切りにする。
だいたい10個ぐらいが目安です。
〈ブライン液〉の材料を全て混ぜたボウルに鶏肉を入れ、1晩(8時間以上)浸けておく。

2.〈ブライン液〉を捨て、塩、ブラックペッパー、ジンジャーパウダーを混ぜ、30分ほど寝かせる。

3.小麦粉をまぶしたあと、同量の片栗粉をまぶし、170℃に熱した油で4分ほど、上下を返しながら揚げる。
1~2分お肉を休ませて完成。八角にんにく醬油を添えて。

むね肉は二度揚げしないほうがいいかも

八角にんにく醤油が効いたチャーハン

塩唐揚げをのせるチャーハンにも、八角にんにく醬油を香らせると美味しくなります。
もちろん、チャーハン単品でも。

【材料(1人前)】
・ご飯・・・・200g(約茶碗1杯分)
・溶き卵・・・1個
・塩・・・・・2g
・油・・・・・大さじ1

・白ネギ・・・・・・20~30g(刻む)
・チャーシュー・・・50g(0.5~1cm角ぐらいに切る)
 市販のものを使いました

・八角にんにく醬油・・・大さじ1
・ブラックペッパー・・・お好きなだけ
手順

1.フライパンに強めの中火で油を熱し、溶き卵を流し入れる。
ここから、3分のタイマーをスタートする。
ご飯をすぐに入れてひっくり返し、塩を入れて、ご飯と卵をほぐしながら、1分間、鍋を振らずに焼く。

2.ご飯と卵をフライパンの端に寄せ、白ネギとチャーシューを入れて炒め始める。
ご飯をほぐし、よく混ぜながら、さらに1分30秒炒める。

チャーシューはロピ〇のものです

3.残り30秒ぐらいになったら、八角にんにく醬油を入れてよく炒め合わせ、タイマーが終了したのを目安に、八角にんにく醬油の水分が飛んで馴染むまで炒めたら完成。

鍋肌とご飯の上、それぞれにかけました
Sponsored Links

エビと青菜の八角にんにく醤油炒め

八角にんにく醬油が、エビの甘さを引き立てるだけでなく、小松菜のビター感を、美味しさの一部に昇華させてくれています。

鍋肌から八角にんにく醬油を加えれば、炒め物に華やかな香りとコク感をプラス。
肉野菜炒めや、ほうれん草と卵の炒めにも使いましたが、いずれもよく合い、雰囲気がグッと上がります。

【材料(1人前)】
・エビ・・・50g
〈下処理用〉
・塩・・・・・ひとつまみ(約1g)
・片栗粉・・・小さじ1/3ぐらい

・小松菜・・・100g
・塩・・・1g
・油・・・小さじ2
・八角にんにく醤油・・・小さじ1
手順

1.エビは殻をむいて背中に包丁を入れ、背ワタを取る。
その後、〈下処理用〉の塩と片栗粉をまぶしてよく揉み、粉に汚れが出てきたら、水でよくすすぐ。

冷凍ボイルエビを使う場合はやらなくてよい

2.小松菜は3~4cmの食べやすい長さに切り、炒める前まで水につけておく。

茎だけを取り出しやすいように、大まかに分けておきましょう

3.フライパンに油と塩を入れ、中火で熱する。
小松菜の水気を切り、茎の部分とエビを炒め始める。

4.エビの色が変わったらひっくり返し、茎が少し、しんなりしたら葉の部分を入れてさらに炒める。

葉がしんなりしてきたら鍋肌から八角にんにく醬油を入れ、香りを立たせながら炒め合わせて完成。

Sponsored Links

その他のアレンジレシピ

とにかくキャベツが旨い、鶏キャベツ炒め

鶏肉とキャベツという、シンプルな具材も、八角にんにく醬油があればしっかり味がまとまる炒めものに。
見た目よりもずっとパワー系の炒めもので、ご飯が進む、進む!

八角にんにく醬油に漬けたにんにくも使うレシピなので、丸ごと使い切りのヒントにも。

おわりに

バ〇ミヤンでの思わぬ出会いから、おうちの中華料理を美味しくする香味醤油ができました。

調味料として使えるようになるまで、少し時間がかかりますが、あればグッと料理の風味が良くなりますから、待つ甲斐はあると私は思います。

中華料理、台湾料理にはよく合うと思いますから、この記事でご紹介したもの以外でも、皆さんの発想で、色々と試していただければと思います。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

参考レシピ
・「料理が変わる!簡単でおいしい万能調味料、にんにく醬油の作り方」主婦A子のレシピ – 主婦A子さんのレシピ
(https://www.aco-mom.com/family/garlic-soy-sauce.php)

・「dancyu」2022年10月号 プレジデント社 – 斉 風瑞さんのレシピ「青菜の炒めもの」、渡辺幸樹さんのレシピ「塩オイル」

↓これを読めば、炒めものに対する意識がガラッと変わります。
シンプルな調理法だからこそ、丁寧に、ポイントを抑えて作るのが大事。

↓手頃なキャニスターが他になかったので、初めて「WECK」を買いました。
可愛らしいし、オプションも豊富で楽しいですね。

↓一式そろえるなら。パッキンとクリップで八角にんにく醬油を密封。

コメント

タイトルとURLをコピーしました