〈スパイスでピリッと爽やか〉豚しゃぶサラダそうめん〈身体ポカポカ〉

スパイス料理

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。
今回は、コリアンダーやクミンをミックスしたスパイスでピリッと爽やかにいただける、「豚しゃぶサラダそうめん」をご紹介します。

冷たい麺でするりと食べられるのに、食べたあとは身体がポカポカしてくるから、冷房や冷たい飲み物で身体を冷やしがちな夏にピッタリです。

このレシピについて

夏になれば毎年食べたくなるのが「冷しゃぶ」。
今回は豚肉で冷しゃぶを作りつつ、野菜と共にそうめんに乗せて「サラダ麺」としていただきました。

めんつゆにはレモン汁とオリーブオイルを混ぜ、さっぱり感と風味をプラス。
そこからさらに、スパイスのミックスを上からかけてみました。

中身はコリアンダー、クミン、カイエンペッパー、ジンジャーパウダー
それぞれ4:2:1:1の割合で混ぜました。

コリアンダーとクミンの定番コンビが食欲そそりつつ、異なる辛みを持つカイエンペッパーとジンジャーパウダーが、身体を温めてくれます。

冷たい麺料理を食べながらも、身体を温めてくれるので、冷房などで身体を冷やしがちな時季にピッタリのサラダそうめんになりました。

Sponsored Links

豚しゃぶサラダそうめんのポイント

スパイスで食欲刺激

ピリッとして、爽やかなスパイスミックスは、コリアンダーとクミンがベース。
クミンのどっしり感と清涼感を持った香りに、コリアンダーのスッと通る柑橘系の香りが合わさって食欲を刺激してくれます。

クミンとコリアンダーの鉄板の組み合わせをベースに、今回はカイエンペッパーとジンジャーパウダーをミックスしてみました。

スパイスで身体の中から温めて

近年の夏は特に暑く、冷房や冷たい飲み物がないとやってられません。
しかし、それらの影響で、外は暑いのに、身体の内側は冷え切ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときにはスパイスの力を借りて、身体を温めましょう。

カイエンペッパージンジャーパウダーの合わせ技で、身体外側からも内側からも温めてくれ、食べたあとには、身体がポカポカしてきます。

冷たい料理でも身体を温められるので、夏でも取り入れやすいと思います。

カイエンペッパーだけだと、汗をかいて結局身体を冷やしてしまうので、ぜひジンジャーパウダー、もしくはしょうがのすりおろしなどを合わせてください。

Sponsored Links

豚しゃぶサラダそうめんの材料

【材料(2人前)】
〈豚しゃぶ〉
・豚肉(しゃぶしゃぶ用)・・・200~300g
 今回は肩ロース肉を使用
・水・・・1L
・塩・・・5g
・酒・・・大さじ1

・レタス・・・・100gぐらい
・トマト・・・・100~150gぐらい
・きゅうり・・・1/2本ぐらい

・そうめん・・・2~4束(食べられる分だけ)

・めんつゆ・・・・・・・・200ml
・レモン汁・・・・・・・・小さじ1
・EXVオリーブオイル ・・・小さじ1
 ※EXV=エクストラバージン

〈パウダースパイス〉
・コリアンダー・・・・・・4g
・クミン・・・・・・・・・2g
・カイエンペッパー・・・・1g
 辛いものが苦手な方は量を減らすか、パプリカパウダーに替える
・ジンジャーパウダー・・・1g
 もしくはしょうがのすりおろしを別添する

・レモン・・・くし切り2個(あれば)

豚しゃぶサラダそうめんの手順

1.鍋に水、塩、酒を入れて沸騰させる。
火を止めたら豚肉を入れ、肉の色が変わったら引き上げる。
肉を引き上げたら再度沸騰させ、アクを取り、また肉をしゃぶしゃぶしてください。
鍋の大きさにもよりますが、1回につき5~6枚ぐらいが目安です。

2.引き上げた豚しゃぶ肉は水気を切り、常温で冷ます。
暑い時期には、うちわであおぐなどして、一気に冷ますのがよいでしょう。
あまりに気温が高いときには、ラップをして冷蔵庫へ。

3.野菜の準備をする。
レタスは手でちぎる。トマトはくし切りにする。きゅうりは細切りにする。
あくまで例ですので、お好みの野菜、お好みの切り方でどうぞ。

4.めんつゆにレモン汁、EXVオリーブオイルを混ぜておく。
そうめんは指定の時間茹で、ザルに上げてぬめりを取るようにしっかり洗い、麺が冷えたらギュッと絞って水気を切る。

5.〈パウダースパイス〉の材料を全て混ぜる。
ジンジャーパウダーがない場合は、しょうがのすりおろしを最後にトッピングしてください。

6.さらにそうめんを盛り、野菜を乗せて、その上から豚しゃぶを乗せる。
めんつゆを注ぎ、混ぜた〈パウダースパイス〉をかけたら完成。
レモンのくし切りやしょうがのすりおろしを添えて。

「アタマ」の部分だけをサラダとして食べても◎
ポン酢やオリーブオイル+塩が合います。

Sponsored Links

暑いときはスパイス×麺でつるりと

焼き目をつけた麺の香ばしさに、クミンとにんにく、そしてニラの香味が食欲そそる塩焼きそば。
ランチにも、ビールのお供にも。

2倍濃縮のめんつゆを使って簡単に作るカレーつゆは、スパイスの風味とオリーブオイルのコクで、麺だけ食べても満足感があります。

カレー肉味噌ストックをたっぷり乗せたそうめんはいかがでしょう。
ひき肉の旨みと甜麵醬のコク、そして弾けるホールスパイス!
そうめん以外にも色々アレンジが効きます。

おわりに

スパイスが食欲を刺激してくれ、豚しゃぶも野菜もそうめんも、たっぷりいただける麺です。

おまけに、食べたあとは身体もポカポカ。
部屋の涼しさと外の暑さの温度差にやられないように、スパイスを摂り入れて夏を乗り切りましょう。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

参考:「スパイス&ハーブ料理の発想と組み立て」- 誠文堂新光社 日沼紀子さんのレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました