〈簡単カレーつゆで〉冷やしとり天カレーうどん

スパイス料理

はじめに

すすりあげると食欲そそるカレーの香り。

こんにちは。カルダモン26です。
今回はガラムマサラで香り豊かなとり天を乗せたうどんを、めんつゆで手軽に作るカレーつゆでいただくレシピです。

カレーつゆは、暑さの中でもカレー粉の香りで食が進み、うどんもそうめんも、天ぷらも美味しくしてくれます。

このレシピについて

ふと頭をよぎった、とり天を乗せたうどんを食べたい欲。もう暑くなってきたので、冷たい麺に乗せたいところ。
カレー味のつゆで食べたらとても美味しそうです。

「冷やしカレーうどん」を調べると、ルーを溶かしたとろみあるカレーつゆが多く見受けられました。

でも、暑い時期は、サラリとしたつゆのほうが好み。
めんつゆベースでとろみのないカレーつゆを作ることにしました。

カレー粉をそのまま溶いても馴染みがよくないので、オリーブ油を加えました。一度鍋で煮立てて香りを出します。
そして氷で急冷。2倍濃縮のめんつゆを使えば、希釈と急冷を兼ねられるので便利です。

うどんはもちろん、そうめんにもおススメ。
「めんつゆ飽きた」の声が聞こえたら、カレーつゆを一度お試しください。

Sponsored Links

冷やしとり天カレーうどんのポイント

カレーつゆで食欲増進

麺をすすり上げると広がるカレーつゆの香りには、食欲をかき立てられます。
オリーブ油も入っているので、食べたときの満足感もプラス。

さらには、とり天だけでなく、付け合わせの野菜も美味しくしてくれます。
特に水菜や白ネギとの相性は抜群。サラダ麺的な冷麺にかけてみるのもおススメです。

とり天単品でもどうぞ

とり天からはしょうがの力強い風味とふんわりガラムマサラの香り。
夏はついつい冷たいものや冷房で身体を冷やしてしまうので、しょうがを摂り入れて内側から温めましょう。

カレー粉で揚げてもいいのですが、それでは香りのすべてを支配してしまうのでガラムマサラにしました。好みの問題なので、カレー粉でも。

とり天なので、もちろん柚子胡椒をつけても美味しいです。
単品でもぜひ。

Sponsored Links

冷やしとり天カレーうどんの材料

【材料(2人前)】
[とり天]
・鶏むね肉・・・1枚(300g程度)
〈ブライン液〉
・塩・・・・6g
・砂糖・・・6g
・水・・・・200cc

・酒・・・・・・小さじ2
・醤油・・・・・小さじ1
・しょうが・・・5g(すりおろしorチューブ)
・にんにく・・・2.5g(すりおろしorチューブ)

・ガラムマサラ・・・1g(辛みのないもの)

〈衣〉
・冷水・・・・70cc
・卵・・・・・1個
・薄力粉・・・大さじ3
・片栗粉・・・大さじ3
 →あれば天ぷら粉でOK

[カレーつゆ]
・カレー粉・・・・・・・・小さじ1
・めんつゆ(2倍濃縮) ・・・100cc
・オリーブ油・・・・・・・小さじ1~2
・氷・・・・・・・・・・・100g

・うどん・・・2玉
・水菜・・・・好みで
・ネギ・・・・好みで

冷やしとり天カレーうどんの手順

【手順】
0.(前日準備)
鶏むね肉は繊維を断つようにそぎ切りにし、〈ブライン液〉の材料を全て溶いたものに1晩以上浸ける。

〈ブライン液〉に浸けることでパサつき防止&柔らかくなります。とり天だけでなく、カレーなどで煮込むときにも使えます。

1.〈ブライン液〉を捨てて、鶏むね肉をザルに上げて水気を切る。
酒、醤油、しょうが、にんにく、ガラムマサラを入れてよく混ぜたら30分ぐらい寝かせる。

2.〈衣〉の材料をさっくりと混ぜたら、鶏むね肉をくぐらせて170℃の油で3分ほど揚げる。

少し茶色くなるぐらいが安心

大きめのお肉は生焼けになってしまう可能性があるので、揚げ時間を少し長めにするか、余熱の時間を長めに取ってください。

3.[カレーつゆ]を作る。
鍋にめんつゆを入れて火にかける。オリーブ油とカレー粉と入れてひと煮立ちさせたら、氷を入れて急冷する。

生で使えないカレー粉でも使えるのがポイント
MEMO

ストレートのめんつゆの場合は200cc使い、氷は不要です。
ステンレスのボウルなどの下に、氷水を張った一回り大きいボウルを敷いて冷やしてください。

4.うどんを茹でて冷水で締める。
うどんを皿に盛り、水菜やネギを乗せ、とり天を乗せる。[カレーつゆ]を静かに注ぎ、完成。

衣は記載の分量だと余ってしまうので、ピーマンやナスなどを一緒に揚げるのもおススメです。
カレーつゆにつけて食べるのも◎。

Sponsored Links

夏を乗り切るスパイス料理たち

油を使わず、出汁で煮て作るスリランカ式のチキンカレー。
スリランカ流のシャープな辛みはタオル必須。汗をかいて身体を冷ましましょう。

カレー風味の肉味噌は、ホールスパイスが香りの決め手。
そうめんに乗せて食べたり、色々アレンジして楽しみ尽くしましょう。

花椒のシビ辛とニラでスタミナあふれるチキンカレーもおススメ。

おわりに

めんつゆベースのカレーつゆは、香りと油が加わり、食べたときの満足感はしっかりあるものの、サラリとつるりといただけます。

2倍濃縮のめんつゆと氷を使えば、すぐに冷たいカレーつゆができるので、食べたいと思い立ったときでもすぐ作れます。

暑い時期はスパイス効かせて乗り切っていきましょう。
ここまでご覧いただきありがとうございます。

↓陳皮の香りが爽やかで、暑い時期におススメのカレー粉。生では使えないので注意。

コメント

タイトルとURLをコピーしました