味噌のコクとクミンの香りが食欲そそる“ジーラライスのおにぎりと南蛮味噌”

スパイス料理

はじめに

味噌とおにぎりの最強タッグ。

こんにちは。カルダモン26です。
今回は、クミンシードを入れて炊いた「ジーラライス」をおにぎりにし、青唐辛子の辛味と香りを加えた「南蛮味噌」をつけていただくレシピのご紹介です。

クミンシードの弾ける香りと、南蛮味噌の塩気とコクが相性抜群で、おにぎりと味噌だけでバクバク食べられます。
味噌をおにぎりに塗って焼きおにぎりにするのもおススメ。

色んな食べ方を楽しめるおにぎりと南蛮味噌です。

このレシピについて

ふと思ったのが、「最近おにぎりを握ってない」ということ。
お弁当を作る機会はないし、スパイス料理やカレーを普段から食べていると、ご飯はご飯のまま食べることが多いので、おにぎりはなかなか握りません。

今握るならどんなおにぎりがいいだろうと考えたとき、クミンシードを入れて炊いた「ジーラライス」に、味噌を乗せて食べると旨そうだな……と浮かんできました。

おにぎりにするので、ジーラライスは後から熱した油とクミンシードを加えて混ぜるものではなく、クミンシードを炊き込みます。
味噌は買い込んでいた青唐辛子があったので、刻んで炒め、混ぜて「南蛮味噌」に。ついでににんにくも入れました。

クミンシードの香ばしくも、シソのような爽快感ある香りに、南蛮味噌の塩気、コク、そして青唐辛子の辛味と青い香りが広がると、食欲が爆発。
少し食べすぎてしまいました。

Sponsored Links

ジーラライスのおにぎりと南蛮味噌のポイント

カレーのお供もいいけど……

ジーラライス(クミンライス)はカレーのお供としてインドでは食べられていますが、そのまま食べても十分魅力的に思えます。

フタを開けたときに広がるクミンの香りと、噛んでプチッと弾けるクミンの香りが食欲そそります。

そんなクミンの香りが南蛮味噌とよく合うのです。
どっしりとした香ばしさ、そしてその奥にあるシソのような爽やかさを加えてくれ、南蛮味噌をより奥深くしてくれます。

このレシピのジーラライスは、塩気がないと少し苦いので、おにぎりにしないときは塩を3gほど入れて炊いてください。

青い香りと辛みが味噌を美味しく

私はどうも唐辛子やピーマンを油で焼いたときの香りが好きでたまりません。
そこににんにくも加え、食欲そそる香りの油を味噌と混ぜれば、最高のご飯の友です。

ご飯だけでなく、唐揚げや餃子にもつけて食べると美味しいです。

結構しょっぱめに作ったので、味見をして砂糖を足すのもありです。

焼きおにぎりもおススメです

日を改めて、焼きおにぎりにもしてみたところ、軽く焦げた味噌の香ばしさに、にんにくの香りが引き立ってたまりません。

一口頬張ったとき、思わず唸ってしまいました。

Sponsored Links

ジーラライスのおにぎりと南蛮味噌の材料

【材料(2~3人前)】
〈ジーラライスのおにぎり〉
・米・・・2合
・水・・・360〜400cc
・クミンシード・・・2g

・塩・・・手に1~2振り

〈南蛮味噌〉
・青唐辛子・・・50g(小口切り)
 ししとうやピーマンでも
・にんにく・・・5g(みじん切り)
・油・・・・・・小さじ2
・味噌・・・・・大さじ2
・みりん・・・・大さじ2
・ごま・・・・・お好きなだけ

ジーラライスのおにぎりの手順

1.米は洗い、夏場は30分、冬場は1時間ほど浸水する。

2.クミンシードはフライパンで弱めの中火にかけ、3分ほど、焦がさないように乾煎りする。

肉眼ではもう少し深い茶色です

3.鍋に米、水、クミンシードを入れて中火にかけ、フツフツとしてきたらよくかき混ぜ、フタをして10分炊き、火を止めて10分蒸らす。
炊飯器に香りが残るのを気にしないのであれば、炊飯器で炊いても。

ゆっくり温めましょう

4.炊きあがったジーラライスはおひつや皿にあけ、手で触れるぐらいまで冷ます。

5.手をよく洗い、濡らした手に塩を振ってよく馴染ませたらおにぎりにする。
ラップを使う場合はラップに塩を振っておにぎりにする。

1度ざっくり握って、あとから形を整える2度握りをしています

南蛮味噌の手順

1.フライパンに油、にんにくを入れ、弱めの中火で焦がさないように、香りが立つまで熱する。

2.中火にして青唐辛子を炒め、油が回ってしんなりしてきたら味噌、みりんを入れて、火を弱めてよく馴染むまで炒める。

3.ごまを振って混ぜたら完成。
少ししょっぱめにしているので、少量ずつ使ってください。
あるいは、砂糖を加えて調整してください。

Sponsored Links

おまけ:焼きおにぎりの手順

おにぎりの1つの面に南蛮味噌を塗り、軽く油を敷いた中温のグリルで味噌の面を上にして5分ほど焼く。
トースターの場合は500wで3~4分、1000wで1~2分ぐらいでしょうか。
軽く味噌が焦げ、にんにくの香りが立ってくるのが目安です。

環境によって火加減が異なるので、最初に作るときは真っ黒に焦がさないよう、目を離さないでください。

スパイスの香り立つごはんレシピ

ビリヤニに使われるような、ビッグカルダモン、八角などのスパイスで作った鶏ごぼうの炊き込みご飯。
ごぼうが主役といえるほど、八角を合わさって香り良く仕上がります。

バターのコクと、それをピリッと引き締めるブラックペッパーでいただくたけのこご飯。
ガリガリとミルで挽いたブラックペッパーを用意して。

プチプチ弾けるコーンとクミンシードは、風味も、食感の面でも相性抜群。
カレーと一緒に食べても美味しいです。

おわりに

南蛮味噌だけでも十分美味しいのですが、ジーラライスのおにぎりと合わせて食べることで完成する、一つの料理のような感じがしています。

あまりに食が進んで何個も食べてしまい、久しぶりに握ったおにぎりを堪能することができました。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました