じんわり広がる旨みと弾ける香りの“白いスパイス麻婆豆腐”

スパイスおかず

はじめに

色味と裏腹な、旨みと香り。

こんにちは。カルダモン26です。
今回は、ホールスパイスの香りを軸に据え、豆板醬や甜麵醬を使わずに仕上げた「白いスパイス麻婆豆腐」のご紹介です。

「辛い」刺激は少ないものの、ホールスパイスの香りが次々広がり、豆板醬不在を補って余りある豊かな風味があります。

徐々にひき肉、ザーサイ、鶏がらスープの旨みが広がり、色味の薄さとは裏腹に、しっかりご飯が進む一品になりました。

このレシピについて

少し昔、東京カリ~番長の伊東盛さんのネット記事を読んでいたときに見つけた「ホワイトカレー」。
色をつけないために、ホールスパイスをたっぷり加えていたのが印象的で、何か応用して作れないかと考えていました。

色々考えていると、なんだかスパイスカレーに似たような作り方をする、白い「アレ」を使う料理に思い至ったので、作ってみることにしました。

それはもちろん、麻婆豆腐。
四川風、広東風問わず、茶色や赤いイメージがありますが、今回はホールスパイスたっぷりの「白い麻婆豆腐」に。

豆板醬や甜麵醬を抜いたからか、口に入れると一気にスパイスの香りが押し寄せます。そこからゆっくりとひき肉、ザーサイ、鶏がらスープなどの旨みが広がり、なんだか身体に染みていく感じ。

噛みしめると広がるカルダモンとクミンの香りが食欲そそり、白い色味を裏切るかのごとく、ご飯が進む一品になりました。

Sponsored Links

白いスパイス麻婆豆腐のポイント

ホールスパイスを多用して白く仕上げます

よく見かけるパウダーのスパイスでは、料理に色がついてしまうので、ホールスパイス中心に使います。

鼻に抜けていくシナモン、クローブ、コリアンダー(これはパウダー)の香りと、噛んで弾けるクミンとカルダモンの香りがバラエティ豊か。
豆板醤、甜麺醤を抜くことで、スパイスの風味をダイレクトに味わえます。

口溶けなめらかな豆腐に、静かな旨みとスパイスの香りが広がって、なんだか身体に染みわたっていく感じ。
クミンとカルダモンの香りで食後感がよいのもポイントです。

私は辛いものが好きなので鷹の爪とラー油を入れましたが、これらを抜けば、辛くない麻婆豆腐にもできます。

油はケチらず使いましょう

豆板醬と甜麵醬を抜いた分、コクを感じられる油は欠かせません。

カレーでも言えることなのですが、スパイスの香りが溶けた油がキモなので、あまりケチらずに、多めに入れてください。

Sponsored Links

白いスパイス麻婆豆腐の材料

【材料(2人前)】
〈豆腐の下ごしらえ〉
・絹ごし豆腐・・・350g
・塩・・・・・・・5g
・水・・・・・・・1L

〈ホールスパイス〉
・カルダモン・・・・・・・3粒(潰して中の粒を使う)
・クローブ・・・・・・・・5粒
・シナモンスティック・・・2.5g(軽く割る)
・クミンシード・・・・・・1g
・鷹の爪・・・・・・・・・1本(半分に割る・種はお好みで)

・油・・・大さじ2

・にんにく・・・5g(みじん切り)
・しょうが・・・5g(みじん切り)
・豚ひき肉・・・100g
・ザーサイ・・・15g(刻む)

・コリアンダーパウダー・・・2g(約小さじ1)

・鶏ガラスープの素・・・小さじ1
・水・・・・・・・・・・150ml
・塩・・・・・・・・・・2g

〈水溶き片栗粉〉
・片栗粉・・・小さじ2
・水・・・・・20ml

〈仕上げ〉
・ラー油や花椒油、ネギ油・・・お好きなだけ

白いスパイス麻婆豆腐の手順

1.豆腐の下ごしらえをする。
豆腐は1.5~2cmぐらいのさいの目に切る。
鍋、もしくは深めのフライパンに水1Lと塩5gを入れて沸かしたら、豆腐を入れて中火にし、3〜4分かけて沸騰させるように茹でたら、ザルに上げる。

また、あらかじめ〈水溶き片栗粉〉を作っておく。

豆腐を入れて沸かしすぎると「す」が入ります

2.フライパンに油とカルダモン、シナモン、クローブを入れて弱めの中火~中火で加熱する。
カルダモンのサヤも入れておき、それがぷっくりとして茶色く色づいたのを目安に、クミンシードと鷹の爪を入れて、クミンシードから泡が出て香りが立つまで30秒ほど加熱する。

カルダモンのサヤは取り除いておく。

カルダモンのサヤは加熱の目安で入れています

3.にんにく、しょうがを入れて香りが立つまで焦がさないように炒める。
その後、豚ひき肉、塩を入れて炒め、肉の色が変わってきたらザーサイ、コリアンダーパウダーを入れてさらに炒める。

ザーサイは本当に優秀です

4.水と鶏ガラスープを入れてひと煮立ちさせたら、豆腐を入れる。
豆腐を入れて3分ぐらい煮たら、クローブ、シナモン、(鷹の爪)を抜く。

火を弱めて〈水溶き片栗粉〉を底からよく混ぜてから入れて、すぐにフライパンの中をかき混ぜる。
このとき、お玉の裏を使えば豆腐を崩しにくいです。

強めの中火~強火にかけてフツフツと沸かし、1分以上熱したら、味見をして足りなければ塩を補う。ラー油や花椒油、ネギ油など、お好みのオイルを入れて完成。

自家製の花椒油も入れました
Sponsored Links

スパイスと中華

コーンのプチプチ食感と、噛むと弾けるクミンシードが楽しいシュウマイ。
ジュワッと肉とコーンの旨みが広がり、ご飯がよく進みます。

シュウマイは一度作ってみると、餃子とは違うシンプルさにハマること請け合いです。

カレー風味の麻婆春雨はご飯泥棒。すすり上げると抜けるスパイスの香りがたまりません。

個人的に中華とカルダモンはよく合うと思うので、よく使います。
まろやかなクリーム感を、カルダモンがキリッと引き締めてくれ、軽やかな味わいに。

おわりに

豆板醬や甜麵醬が入った麻婆豆腐はもちろん好きですが、気分転換ということで作ってみました。

ホールスパイスをたっぷり入れたことで、香りで物足りなさを感じることはありません。
懸念事項だった旨みに関しては、ザーサイの旨みと、スパイスの香りが溶けたオイルのコクが十分に補ってくれました。

見た目とのギャップが楽しい一品。お供にはご飯をたっぷり用意して。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

参考:ブーム到来か!? いちどは作ってみたい「ホワイトカレー」のレシピ【東京カリ~番長】- メシ通 伊東盛さんのレシピ(https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/tokyocurrybancho/18-00094)

「おかずのクッキング」2021年 6/7月号 – テレビ朝日 陳健太郎さんのレシピ

「身近な食材+1スパイスから始める 人気店のスパイスレシピ」- 家の光協会 前田朋さんのレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました