【しめじの甘みと旨み引き出す】しめじのアチャール

スパイス料理

こんなカレーと一緒に食べたい!

  • カイエンペッパーをたっぷり使った辛いカレー
  • 肉の旨みが強いカレー
  • カレーを食べる間の食感に変化をつけたいとき

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。今回はしめじの甘みと旨みをスパイスと塩で引き出した副菜「しめじのアチャール」をご紹介します。

カレーによく入れられるしめじですが、あえて副菜として別で添えることで、面白い発見がありました。

まず、塩で味付けすることで、しめじ本来の甘みと旨みが強調されます。そこにホールを中心としたスパイスが華を添え、特に噛んだときに香りが弾けるクミンシードは、当たった時には特に幸せな気分に。また、フェヌグリークシードの甘くもほろ苦い香りが、奥深さを演出してくれます。

プリプリの食感も、カレーを食べ進める中で間延びした歯ごたえにアクセントをもたらし、また、次の一口の原動力になります。

しめじ以外でも、まいたけやエリンギでも美味しく作れると思います。ミックスするのも面白そうです。

しめじのアチャールとのヨコの相性がいい副菜のレシピはこちらからどうぞ!

Sponsored Links

しめじのアチャールの材料

【材料(作りやすい分量)】
・しめじ・・・1パック(石突きを取って約150g)
・塩・・・・・2g

・油・・・・・・・・・・・・大さじ1
・フェヌグリークシード・・・20粒程度
・にんにく・・・・・・・・・5g
・鷹の爪・・・・・・・・・・1本(お好みで)
・クミンシード・・・・・・・ひとつまみ

・ターメリック・・・・・0.5g(少々)
・カイエンペッパー・・・0.5g(少々)
・レモン汁・・・・・・・小さじ1

しめじのアチャールの手順

【手順】
1.しめじは半分に割いて、石突を取る。このとき、包丁は画像のように入れると、きれいに取れます。
その後食べやすい束に割いておく。ここで一度冷凍すれば、よりうまみが増します。

2.フライパンに油とフェヌグリークシードを入れ、弱めの中火でじっくり加熱する。フェヌグリークシードの色が変わり、カラメルのような香りが立ってきたら、にんにく、鷹の爪、クミンシードを入れ、にんにくの香りが立つまで熱する。

3.中火にして、しめじと塩を入れ、2分ほど油と馴染ませるように炒める。少ししんなりしてきたら、弱火にしてターメリックとカイエンペッパーを入れ、油とよく馴染ませるように炒める。

4.最後にレモン汁をかけて、全体がなじんだら完成。

Sponsored Links

今回のピックアップスパイス

フェヌグリークシード

カレー粉に欠かせないスパイスであるフェヌグリーク。その種子はコロコロとした可愛らしい形。じっくり火を通して使います。
甘くもほろ苦い香りは、料理に奥深さを演出してくれます。

おわりに

塩のシンプルな味付けで、しめじ自身が持つ甘みと旨みが引き出され、しめじ好きにはたまらない一品になっていると思います。
ホールスパイスを中心に入れているので、アチャール単体で食べるときにも、カレーと合わせて食べるときにも、噛んで弾けるアクセントになってくれます。

しめじ以外にも、まいたけやエリンギでも試していただきたい、「しめじのアチャール」のご紹介でした。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました