【漬けて焼くだけ】スパイスだけで漬けるチキンティッカ【骨なしタンドリーチキン】

スパイスおかず

こんなあなたに作ってほしい!

  • スパイスのパンチが効いたチキンを食べたいあなた
  • 漬けて焼くだけの簡単おつまみを作りたいあなた
  • ヨーグルトが家にないけど、チキンティッカを作りたくなったあなた

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。今回は、スパイスだけで漬けて、スパイスのパンチを存分に味わえる「チキンティッカ」をご紹介します。

このレシピについて

「チキンティッカ」といっても、聞き馴染みがない方もいらっしゃると思うので、簡単に説明すると、「食べやすいサイズに切ったタンドリーチキン」のことです。

「タンドリーチキン」はよく聞くと思いますが、それは「骨付きのまま焼き上げた肉」のときの名前で、「食べやすいサイズに切った肉」のときは、「チキンティッカ」となります。日本では、結構一緒くたにされてしまっていますが……

この「チキンティッカ」なら、手を汚さず、パクパクつまめるおつまみとして、あるいはご飯のおかずの一品として気軽に食べられます。
作り方も至って簡単!鶏肉を切ってスパイスに漬け、あとは焼くだけ!パウダースパイスがなくても、カレー粉で十分代用できます。

おススメのカレー粉はこの「インデアン カレーパウダー」。日本ではおなじみの「S&B赤缶」と比べてよりインドらしい香りに調合されており、このチキンティッカとはよく合います。

そして、今回はヨーグルト抜きで作る方法をご紹介します。「家にヨーグルトは常備してない!」という方や、「スパイスのパンチを直に感じたい!」という方におススメの方法です。
ぜひお試しください。

チキンといえばカレーでしょ!というあなたには、こちらのレシピもおススメです。

Sponsored Links

スパイスだけで漬けるチキンティッカの材料

【材料(2人前)】カッコ内の「小」は小さじを指す

・鶏もも肉 (8つに切る)・・・1枚 (約250~300g)
・にんにく(すりおろし)・・・1片 (約5g)
・しょうが(すりおろし)・・・1片(約5g)
・塩・・・・・・・・・・・・鶏もも肉の重さの1% (2.5~3g) 
・油・・・・・・・・・・・・小さじ2

〈スパイス〉
・ターメリックパウダー・・・1g(小1/4)
・クミンパウダー・・・・・・5g(小2)
・コリアンダーパウダー・・・4g(小2)
・カイエンペッパー・・・・・2g(小1)
 (辛いのが苦手な方はパプリカに代えても)
・ブラックペッパー・・・・・10粒(ミルで挽く)

〈各種スパイスがないとき〉
・カレー粉・・・大さじ1

・油・・・小さじ2(鶏肉焼き用)

スパイスだけで漬けるチキンティッカの手順

【手順】
1.鶏もも肉は筋や余分な脂肪を取り、全体をフォークで刺したら、8つぐらいに切り分ける。

2.材料を全て混ぜ合わせ、冷蔵庫で1晩(6時間以上)漬け込む。

3.別途油を薄く敷き、皮目を下にして中温のグリルで8分焼く。
フライパンなら中火で8分、油を薄く敷いて皮目から焼き、焼き目が付いたら途中でひっくり返す。

4.レモスコをかけて食べると、レモンの酸味と青唐辛子の辛みがプラスされて、さらに食欲ブースト!おすすめの調味料です。

今回のピックアップスパイス

クミン

カレーには欠かせないスパイスの一つで、「カレーといえばこの香り!」という方も多いのではないでしょうか?このチキンティッカにおける香りの肝で、食欲をかきたててくれます。

野菜にも肉にも合わせられる万能さで、料理にスパイシーさと、どっしりとした香りの中に爽やかさをプラスしてくれます。

おわりに

スパイスで漬けこんで焼くだけの簡単レシピですが、ただそれだけで美味しくなるのは、まさに「スパイスマジック」といったところでしょうか。
スパイスの作用と、漬け込む時間がチキンティッカを美味しくしてくれます。

朝に漬けて出かけ、家に帰ったら、焼くだけ!晩酌の時間が楽しみになりそうです。

チキンティッカやタンドリーチキンの、ヨーグルトの酸味とコクがプラスされた味わいも好きなのですが、どうしてもスパイスを直に感じたくて、こんなレシピを考えてみました。各種スパイスがなくても、カレー粉さえあればできるので、ぜひお試しください。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました