鶏むね肉が柔らか&ジューシー!鶏むね肉のタンドリーピカタの洋定食 スパイス定食#12

スパイス定食

はじめに

スパイス定食とは

スパイスカレーをはじめてみたけど、「スパイスが余る!」とお悩みのあなた、
「スパイスカレーじゃなく、スパイスを普段使いしたい」というあなた、
さらには、「献立、どうしよう」というあなたの助けとなるべく、
ご覧のあなたに代わって、スパイスを使った料理の献立を考える、週1回の連載企画です。

先週のスパイス定食

今週のおしながき

こんにちは。カルダモン26です。今週は、

鶏むね肉なのに柔らか&ジューシー。
タンドリーチキン風味で食べごたえも抜群の「鶏むね肉のタンドリーピカタ」

根菜やブロッコリーを切って蒸すだけ!スパイスマヨやクミン塩で食べる「根菜ゴロゴロ温野菜」

シャキシャキ豆苗にトマトの酸味と旨味がコク深い「豆苗入りラッサム風トマトスープ」

の3つをお送りします。

定食のポイント

鶏むね肉のタンドリーピカタ

ついついパサつく鶏むね肉を、塩と砂糖で漬け込み、ピカタの衣で包めば柔らか&ジューシーに!タンドリーチキン風味をつけているので、ご飯も進むガッツリ味に。鶏むね肉でも大満足おかずです。

根菜ゴロゴロ温野菜

ピカタに添えるのは蒸すだけの温野菜。野菜は蒸すだけですが、その分、調味料を色々工夫してみて。
スパイスを混ぜこんで爽快感を追加したマヨネーズや、根菜と相性バッチリのクミン塩をつけながらどうぞ!

豆苗入りラッサム風トマトスープ

トマトの酸味と旨味が効いたスパイススープに豆苗のシャキシャキ感を!
以前の定食で紹介したラッサム風トマトスープより、飲みやすく、食べごたえのあるスープになりました。

今週の定食のつくりかた

鶏むね肉のタンドリーピカタ

鶏むね肉はそのまま焼くとパサつきやすいですが、衣で覆ったり、砂糖で保水力を上げれば柔らか&ジューシーになります。
スパイスで漬け込んでタンドリーチキン風味にすれば、さっぱりな鶏むね肉とは思えないしっかりご飯のおかずに。

【材料(2人前)】
・鶏むね肉・・・1枚(250〜300g)
〈下味〉
・塩・・・・・・3g
・砂糖・・・・・3g
・にんにく・・・5g(すりおろし)
・しょうが・・・5g(すりおろし)
・カレー粉・・・大さじ1
・レモン汁・・・小さじ1/2

〈ピカタの衣〉
・薄力粉・・・・小さじ2
・卵・・・・・・1個
・粉チーズ・・・大さじ1
・油・・・・・・大さじ1

【手順】
1.鶏むね肉は縦に1度切り、2つに分けたそれぞれを1〜1.5cmほどのそぎ切りにする。その後、鶏むね肉と〈下味〉の材料をすべて合わせて揉み込む。できれば30分以上は寝かせる。

2.卵をボウルに割り入れたら、粉チーズを入れて溶きほぐす。鶏むね肉の表面に薄力粉をつけておく。

3.フライパンに油を中火で熱し、鶏むね肉を1枚ずつ卵に浸してフライパンに並べて焼いていく。

4.焼き目がついたらひっくり返し、両面に焼き目がついたら完成!

今回使用したおすすめのカレー粉はこちら!
日本のカレー粉というよりは、インド寄りの香りがタンドリーチキン風味をつけたいときによく合います。

ゴロゴロ根菜温野菜サラダ

たまには蒸すだけの温野菜はいかが。でもせっかくなので、ディップする調味料を少し凝ってみませんか?
コリアンダーの爽快感で後味スッキリの〈スパイスマヨ〉と根菜に相性抜群の〈クミン塩〉など、色々ディップしながら食べると楽しい!

【材料(2人前)】
・れんこん・・・・・100g
・にんじん・・・・・100g
・じゃがいも・・・・150g
・ブロッコリー・・・100g

〈スパイスマヨ〉
・マヨネーズ・・・・・・・・40g
・コリアンダーパウダー・・・1g
・パプリカパウダー・・・・・0.5g

〈クミン塩〉
・塩・・・・・・・・・2g
・クミンパウダー・・・1g

【手順】
1.れんこん、にんじん、じゃがいもは一口大の乱切りにする。ブロッコリーは食べやすい大きさに切る。れんこんの変色が気になる方は酢水につける。じゃがいもは軽く水につける。

2.水を入れて熱した蒸し器にれんこん、にんじん、じゃがいもを入れて中火で10分蒸す。5分経ったところでブロッコリーを入れる。

3.竹串を刺してスッと通れば完成。まだ硬ければ蒸し時間を延長する。

4.〈スパイスマヨ〉と〈クミン塩〉の材料をそれぞれ混ぜる。

5.温野菜やピカタに〈スパイスマヨ〉や〈クミン塩〉をつけながら頂いてください!
個人的には、
れんこん・・・・・クミン塩
にんじん・・・・・クミン塩
じゃがいも・・・・クミン塩、スパイスマヨどちらでも
ブロッコリー・・・スパイスマヨ
との相性が良好でした!

Sponsored Links

豆苗入りラッサム風トマトスープ

南インドでよく食べられる、スパイスが効いたトマトスープ「ラッサム」を、家庭の味にアレンジ!
トマトとスパイスを炒めたコク深い味わいに、シャキシャキ豆苗がさっぱりアクセントになります。

【材料(2人前)】
・カットトマト缶・・・・・100g
・豆苗・・・・・・・・・・1/2袋(50g程度)
・にんにく・・・・・・・・5g(すりおろし)
・オリーブオイル・・・・大さじ1
・水・・・・・・・・・・400cc
・コンソメキューブ・・・1個
・塩・・・・・・・・・・2g

〈スタータースパイス〉
・クミンシード・・・ひとつまみ(0.5gほど)

〈パウダースパイス〉
・コリアンダーパウダー・・・2g
・カイエンペッパー・・・・・1g
・ターメリック・・・・・・・1g

〈仕上げ〉
・しょうが・・・5g(すりおろし)
・レモン汁・・・小さじ1

【手順】
1.フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、クミンシードを入れて30秒ほど熱する。クミンから泡が立ってきたらにんにくを入れ、香りが立つまで炒める。

2.カットトマト缶を入れ、水分を飛ばしながら炒める。トマトが溶け、表面にオイルが浮かんできたら弱火にし、〈パウダースパイス〉を入れて、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。

3.水とコンソメキューブを入れ、煮立たせる。塩を入れ、豆苗を軽く煮たら、最後に〈仕上げ〉の材料を入れて完成!

今週のスパイスまとめ

普段のお料理にもスパイスが使えるということにお気づきいただければ幸いです。今回使ったスパイスは以下のものです。画像をクリック(タップ)すれば、スパイスの説明が読めます。

ここまでご覧いただいたあなたにはこちらの記事もおススメ!

チキンティッカ(一口大のタンドリーチキン)をそのままカレーに!?リッチな味わいのイギリスの国民食、「チキンティッカマサラ」を作ってみませんか?

目にも美味しい、ターメリックの鮮やかな黄色が映えるエビピラフの献立はいかがでしょうか?

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました