煮物感覚で作る“スリランカ風ゴマかぼちゃココナッツカレー”

スリランカカレー

はじめに

ほっくり甘いかぼちゃに、ゴマの香ばしさ。

こんにちは。ハセガワタクミ(カルダモン26)です。
今回はスリランカ風のかぼちゃカレーに、ゴマで香ばしさを加えた「スリランカ風ゴマかぼちゃカレー」の紹介です。

スリランカらしく、ココナッツミルクのコクとかつお節の旨みが効いたかぼちゃカレーは、ほっくり甘く、煮物のようでなんだか安心する味わい。
でも、後から辛みがやってきてしっかり食欲を刺激します。

ゴマの風味があとを引き、また次の一口を誘う、シンプルながら奥深い味わいです。

このレシピについて

学生時代、よく弁当に入っていた、かぼちゃのコロッケにゴマの衣がついた冷凍食品。
当時はご飯が進まないからと、あまり嬉しくない一品でしたが、ゴマとかぼちゃの風味は合うなと思いながら食べていました。

大人になってかぼちゃの旨さが分かるようになった今、カレーを作るヒントになっているとは当時の自分も、弁当を作ってくれた母も思わなかったでしょう。

*****

スリランカでは赤米やフェヌグリークを煎ってかぼちゃカレーに香ばしさを出すことがあるようですが、今回は馴染み深いゴマで香ばしさを出します。

スリランカ風のカレーらしく、煮るだけ。油も今回は使いません。

さながら煮物を作っている感覚。
なので、今回はかつお節だけでなく、煮干しも入れてみました。

ココナッツミルクのコクに、魚介の旨みが加わって、味付けといえば塩だけなのに、物足りなさはありません。
ほっくり甘いかぼちゃとココナッツミルクで、ホッとする感じもあります。

でも後から追っかけてくる辛みと、ゴマの香ばしさがあとを引き、これはライスが進む味わいです。

Sponsored Links

スリランカ風ゴマかぼちゃカレーのポイント

ほっくりとした甘さと辛みのコントラスト

最初は見た目通りに甘いけど、それを裏切るかのごとく後から辛みが来るのが私的には好みなので、レシピとしてはしっかり辛みのあるものを掲載しています。

とはいえ、スリランカカレーは他が辛いので、オアシス的に甘く仕上げるのもアリだと思います。

↓このブログの辛いスリランカカレーの筆頭↓

アクセントはゴマと粒マスタード

あまりイメージがないかもしれませんが、ゴマもスパイス。
カレー粉と合わせて香ばしい風味をつけ、かぼちゃの甘みを引き立てます。

また、粒マスタードもアクセントとしてひとさじ加えます。
スリランカの料理では、粒マスタードがよく用いられる印象があり、野菜の炒め煮である「キラタ」には欠かせません。

特にココナッツ風味と合わさったときには、粒マスタードのライトな酸味が軽やかな味わいにしてくれ、相性が良いと感じます。

Sponsored Links

スリランカ風ゴマかぼちゃカレーの材料

【材料(3~4食分)】
・かぼちゃ・・・400g(3~4cm角に切る)
・玉ねぎ・・・・50g(繊維を断つ方向に薄切り)
・青唐辛子・・・10g(小口切り・甘く仕上げたいときは抜く)
 なければカイエンペッパー2g(約小さじ1)

・かつお節・・・・・2.5g
・煮干し・・・・・・2本(頭とワタを取る)
・粒マスタード・・・小さじ1
・塩・・・・・・・・6g

〈パウダースパイス〉
・カレー粉・・・・・小さじ1
 フェヌグリークが効いたS&B赤缶がおすすめ
・すりゴマ・・・・・小さじ1
・胡椒・・・・・・・小さじ1(約2.5g)
・ターメリック・・・小さじ1/2(約2g)

・ココナッツミルク・・・100cc×2回分
・水・・・200cc

〈仕上げ〉
・ゴマ(ホール)・・・小さじ1
 もしくは、すりごま

スリランカ風ゴマかぼちゃカレーの手順

1.かぼちゃ~ターメリックまでの材料をすべて混ぜ、鍋に入れる。

そこに、水200ccとココナッツミルク100ccを入れて火にかけ、沸いたら密閉できるフタをして弱火にし、20分煮る。

煮干しがあると旨みに幅が出るのでぜひ

この間にフライパンでゴマを乾煎りする。

2.フタを開けて中火にし、5分ほど煮る(水気が少なくなっていれば不要)。
その後、残りのココナッツミルクを入れてさらに煮る。

後入れでココナッツの風味を残します

仕上げに煎ったゴマを入れて完成。

煮干しは食べられるっちゃあ食べられますが、お好みで
Sponsored Links

スリランカの野菜料理とカレー

あれやこれやと入れすぎず、シンプルに野菜の旨みとジュワッとあふれる水気を楽しむカレー。
ひと回しした醤油がポイントです。

スリランカ式の野菜の炒め物、「テルダーラ」は、魚介の旨みをまとわせた野菜が絶品でライスが進みます。
スリランカといえばかつお節ですが、そればかりだと飽きるので、ちりめんじゃこを使ってみました。

わさび菜でも水菜でも作れる、ココナッツ入りの和え物「サンボル」は、辛いスリランカカレーのオアシスとして機能します。
シャクシャクの野菜とふんわり甘いココナッツファインは何だかクセになります。

おわりに

かぼちゃを煮ただけなのに、ライスが進む、コクと風味豊かな一品。
かぼちゃとココナッツミルクのホッとする甘みは、暑い時季だけでない、スリランカカレーの楽しみもあるように感じます(とはいっても辛いから汗は出るけど)。

馴染みのある食材が多く、煮物感覚で作れるので、ぜひ挑戦してみてください。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

参考:「家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理」 河出書房新社 – 香取薫さんのレシピ

今回はこれに全部突っ込んで煮るだけ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました