フレッシュなスパイス薫るチキンカレー【メリハリ効いた味わいに!】

肉のカレー

はじめに

サッと仕上げてスパイス楽しむ。

こんにちは。カルダモン26です。今回はホールスパイスを多めに使い、煮込み時間も短くして、スパイスのフレッシュな香りを楽しむチキンカレーをご紹介します。

チキンカレーのチキンは煮込んで一体感があるものが好きなのですが、同じ味ばかりを食べたいわけではない自分としては、煮込み時間短めで、鶏肉の味がしっかり残ったカレーも食べたい気分のときもあります。

スパイス薫るチキンカレーのポイント

このチキンカレーは、鮮烈なホールスパイス使いの南インドのカレーをベースに、サッと煮込んで鶏もも肉の旨みと豊かなスパイスの香りを楽しみます。鶏もも肉の美味しさが大事なので、ぜひとも【手順】で紹介する〈ブライン液〉に漬けていただきたいです。

スパイスのキーになるのはカルダモン。ちょっと高いスパイスですが、入れれば「スパイスの女王」たる鮮烈な香りが立ちます。少量でも十分に効果を発揮するので、結局コスパも悪いわけではないです。

ジューシーでプリッとした噛みごたえのチキンに、短めの調理でスパイスの香りが鮮烈に引き立ちます。一体感のある煮込み系のカレーとは違う、メリハリの効いた味に!

Sponsored Links

スパイス薫るチキンカレーの材料

【材料(2人前)】カッコ内の小は小さじを指す

・鶏もも肉・・・250g
〈3%ブライン液〉
・水・・・・・・200cc
・塩・・・・・・6g
・砂糖・・・・・6g

・油・・・・・大さじ1と1/2
・玉ねぎ・・・150g(0.5cm薄切り)
・塩・・・・・1g
・差し水・・・50cc

〈GGペースト〉
・にんにく・・・5g(すりおろし)
・しょうが・・・5g(すりおろし)
・水・・・・・・100cc

・青唐辛子・・・・・・・・15g(斜め薄切り)
 (ししとうで代用可)
・カットトマト缶・・・・・100g
 (フレッシュトマトで代用可)
・ココナッツパウダー・・・小さじ1

・水・・・100cc

〈ホールスパイス〉
・マスタードシード・・・1g(小1/4)
・カルダモン・・・・・・2粒(つぶして中を使う)
・パクチーの茎と根・・・2〜3株分(刻む)
・クミンシード・・・・・ひとつまみ

〈パウダースパイス〉
・コリアンダー・・・・・4g(小2)
・クミン・・・・・・・・2.5g(小1)
・カイエンペッパー・・・1g(小1/2)
・ターメリック・・・・・1g(小1/4)
・フェヌグリーク・・・・1g(小1/3)

〈仕上げのスパイス〉
・ガラムマサラ・・・1g(小1/2)

スパイス薫るチキンカレーの手順

【手順】
1.鶏もも肉を8つに切り、〈ブライン液〉に漬け、一晩(6時間〜)置く。調理開始前に水気を切っておく。

point! 鶏もも肉に下味がつくほか、ジューシーかつ柔らかく仕上がります。
ネット上では5%のブライン液が多いですが、カレーの場合かなりしょっぱくなってしまうので、3%としています。

2.フライパンに油とマスタードシードを入れ、中火で熱する。パチパチと弾けてきたらフタをして音が止むまで待つ。音が止んだらカルダモンとパクチーの茎と根を刻んだものを入れる。香りが立ったら、クミンシードを入れ、シュワシュワと泡を立てるまで熱する。

カルダモンのサヤは玉ねぎを入れる前に取りましょう

3.強めの中火にし、玉ねぎと塩を入れ、フライパンに広げたら、2〜3分放置する。玉ねぎの端が焦げ始めたら軽く混ぜ、差し水を入れる。焦げた部分を溶かし広げるように炒め、玉ねぎをヘラでつぶす。水分が飛び、また玉ねぎが色づき始めたら〈GGペースト〉を入れて、水分を飛ばしながら、にんにくとしょうがの香りが立ってくるまでしっかり炒める。

玉ねぎを放置する間に洗い物など……

4.青唐辛子を入れ、香りが立ってきたら、鶏もも肉を入れて、表面の色が白くなるまで炒める。弱火にして〈パウダースパイス〉とココナッツパウダーを入れ、粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜる。

5.中火にして水を入れて沸騰させ、2分ほど煮たら、カットトマト缶を入れて、弱めの中火でフタをせずに5分煮込む。仕上げにガラムマサラを振ったら完成!

Sponsored Links

今回のピックアップスパイス

カルダモン

サフラン、バニラに次ぐ高価なスパイスで、「スパイスの女王」とも。スーパーで見かけるパウダーでも、ひときわ高くて驚いた方もいるのではないでしょうか。
パウダーは加熱ですぐに香りが飛んでしまうので、ホールがおすすめ。つぶして中の粒を使えば、噛んだときの華やかな香りがたまりません。一回に2粒程度しか使わないので、高価ですが一度買えばしばらく使えますよ。

おわりに

ジューシな鶏肉自身の美味しさに、鮮烈なスパイスがメリハリの効いた味わいを作ってくれます。
これからの季節は煮込みが美味しくなり、カレーも同様に煮込むことが多くなるかもしれませんが、たまにはこんなカレーを作って気分転換するのはいかがでしょうか。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

参考レシピ
「魯珈のスパイスカレー本」齋藤絵理さんのレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました