和風カレーに合う!かつお節入り大根のウールガイ〈カレーの副菜〉

スパイスおかず

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。今回はかつお節の風味が大根と合う、和風カレーにピッタリな「かつお節入り大根のウールガイ」をご紹介します。

Sponsored Links

このレシピについて

「ウールガイ」とは、インド式野菜の漬物「アチャール」や「ピックル」と同じ意味だそうです。

参考:インドの漬物『アチャール』はカレーに合わせてもご飯のお供にも酒のアテにも最高!-buono

https://funq.jp/buono/article/440603/2/

そんな大根のウールガイを一般的なレシピで作ってみたところ、美味しいのは美味しいのですが、塩辛い!
漬物だからそりゃそうだろという感じなのですが、ちょっと自分には塩辛すぎました。

塩を減らしつつ、物足りなさを感じさせないためにどうするかを思案していたところ、大根にはかつお節だ!と思い至りました。
大根のサラダには必ずといって良いほどかかっているかつお節なら、大根のクセを和らげつつ、かつお節の旨みで塩気を補ってくれるはずです。

ならばと醤油を軽くかけて、どこか福神漬けを思わせる、和風の大根のウールガイが完成しました。
和風のカレーや、かつお節が架け橋となり、魚介系のカレーに合う副菜ができました。

かつお節入り大根のウールガイのポイント

一般的な大根のウールガイのレシピよりも塩分量を減らし、醤油とかつお節で風味を補います。

ホールスパイスは一般的にマスタードシードやフェヌグリークが入るようですが、今回は相性を考慮し、クミンシードを入れています。他には、フェンネルシードも相性がよいでしょう。

旨みの素のかつお節をまとった醤油味の大根は、それだけでもおかずの一品になれるほど満足度の高い一品に。カレーの副菜以外でも活躍が見込める作り置きレシピです。

Sponsored Links

かつお節入り大根のウールガイの材料

【材料(作りやすい分量)】
・大根・・・・150g
・塩・・・・・3g
〈パウダースパイス〉
・ターメリック・・・・・1g
・カイエンペッパー・・・2g

・油・・・・・・・・大さじ1
・クミンシード・・・1g

・醤油・・・・・・・小さじ2
・かつお節・・・・・一袋

かつお節入り大根のウールガイの手順

【手順】
1.大根は1cm角に切り、塩、〈パウダースパイス〉をまぶして1時間以上置く。

2.フライパンに油を中火で熱し、クミンシードを入れて30秒ほど、シュワシュワと泡が出て香りが立ってくるまで加熱する。

3.大根を炒める。大根から出た水気がハネるので白い服を着ているときは注意しましょう。
大根が透き通ってきて、スパイスが油に溶けてきたら、醤油を入れてさらに炒める。

4.かつお節を入れて火を止め、よく混ぜて完成!
保存容器に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。
冷蔵庫で1週間ほどは持ちますが、お早めにどうぞ。

パック入りのかつお節も手軽でよいのですが、ダシも取れるこちらの「花かつお」はひと削りが大きく、食べ応えも風味も強いのでおススメです。
このレシピでも使用しています。

相性のよいカレー

和風の味付けをした大根のウールガイには、和風カレーがピッタリ!

かつお節を架け橋に、魚介のカレーとも相性抜群!

おすすめの副菜

カレーの副菜はいくつか作り置きしておくと、お皿の上もにぎわって、スパイスカレーの時間が楽しくなりますよ!

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました