カルダモン香る油揚げの味噌チーズ焼き〈塗って焼くだけ簡単おつまみ〉

スパイス料理

はじめに

味噌とチーズの美味しい関係。

こんばんは。カルダモン26です。
今回は、油揚げに味噌を塗り、カルダモンをほんの少し振って、チーズでフタをして焼いた「カルダモン香る油揚げの味噌チーズ焼き」のご紹介です。

塗って乗せて焼くだけで、お酒がグイグイ進む、ちょうどよい塩気と風味抜群のおつまみができました。

このレシピについて

近くのスーパーに行くと、いつも買うのが油揚げ。
そこで売っているのはちょっといいモノらしく、油抜き要らずで便利に使えます。

あまりにハマって買いすぎて、使い道に困っていた中、ネットで見つけたチーズ焼きが美味しそうだったので、今回作ってみました。

チーズと合わせるのは味噌とカルダモン。
チーズと味噌は言わずもがなの相性。発酵食品同士でもあり、それぞれの塩気の融合も素晴らしいです。

もう一つはカルダモン。チーズの風味にカルダモンの上品さが合わさると、何とも幸せな気分。
油揚げをかじると広がる香りに酔いしれます。

味噌×チーズのコクと塩気に、カルダモン×チーズの風味……
気が付けばビールの缶に手が伸びてしまいました。

Sponsored Links

カルダモン香る油揚げの味噌チーズ焼きのポイント

お酒のつまみに最適です

油揚げを一口かじると、コクのある味噌チーズの塩気に、カルダモンの甘やか、かつ爽やかな風味がふんわり広がり、華を添えます。

塩っ気強めでお酒によく合う味わい。
ビールはもちろんですが、カルダモンとチーズの風味には、ワインを連れてきたくなります。
油揚げを少しかじって、お酒をチビチビと飲るのが至福の時間。

油揚げのボリュームが意外とあるので、1枚を2人で割ってもいいと思います。

焼きあがるのが待ち遠しい……

油揚げを焼いているときから、チーズとカルダモンが合わさった幸せな香りがキッチンに広がります。

これには食べる前からノックアウト!
さすがスパイスの女王といったところ。

Sponsored Links

カルダモン香る油揚げの味噌チーズ焼きの材料

【材料(1枚分)】
・油揚げ・・・1枚
・味噌・・・・小さじ1~
 油揚げに薄く広がるぐらいが目安
・カルダモン・・・・・・0.5gほど(約小さじ1/4)
・スライスチーズ・・・・1枚(とろけるもの)
・ブラックペッパー・・・お好きなだけ

カルダモン香る油揚げの味噌チーズ焼きの手順

1.油揚げの片面に味噌を薄く塗り広げる。
その上からカルダモンをかける。ビンからだと、3~4振りぐらいが目安。
そして、スライスチーズを油揚げに収まるように切って乗せる。

油の臭みが気になる油揚げの場合は、熱湯をかけて油抜きし、水気を拭ってから調理してください。

2.油揚げを焼く。
グリルで焼く場合は、弱火で7分ぐらい焼いてください。
時々グリルを開け、焼き目をよく確認して、焼き目が甘ければ火を強めてください。

トースターなら500wで5分→1000wで2分ぐらい焼いてください。
こちらも時々トースターを開けて、焼き目を確認してください。焼き目が甘ければ焼く時間を長くしてください。

どちらも黒焦げに注意!焼いている途中はよく鼻をきかせて。

3.皿に乗せ、ブラックペッパーを振って完成!

MEMO

トースターなら油揚げのふわふわ感が残ります。
グリルなら油揚げがパリッと焼きあがります。
ご家庭の設備にもよりますが、お好みで選んでください。

Sponsored Links

スパイスつまみで乾杯

ベーコンでズッキーニをクルっと巻いて焼きます。
間に挟んだクミンとにんにくが食欲そそる、前菜にピッタリな一品。

サバ缶と玉ねぎをマヨで和えるだけ。
カレー味にもわさび味にも変化できます。あなたはどっち派?

コーン缶とほうれん草のソテーに、プチプチクミンシードが弾けます。
クミンの香りが食欲を刺激!

おわりに

油揚げに味噌を塗ってカルダモンかけて、チーズを乗せて焼くだけ……
気軽に作れるおつまみで、グイグイお酒が進みます。

トースターとグリルで、焼き方が変わると食感も変わるのがまた面白く、2枚焼いて食べ比べするのも良いかもしれません。

ただし、塩っ気が強いので、くれぐれも食べ過ぎにはご注意ください。
少しずつかじって、ゆっくり楽しんでください。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

参考レシピ:とろけるチーズとカリっと油揚げが美味!”おきつね焼き” – dancyu 間口一就さんのレシピ

https://dancyu.jp/recipe/2022_00005885.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました