スパイスでもっとおいしいカブのクリームシチューのレシピ【ナツメグ有効活用】

スパイスおかず

はじめに

こんにちは。ハセガワタクミ(カルダモン26)です。今回は、スパイスでさらにおいしくなったクリームシチューに、ゴロゴロ入ったカブがトロトロ&ジューシーな「スパイスでもっとおいしいカブのクリームシチュー」をご紹介します。

このレシピについて

いつもカレーばかり作っていたので、シチューを作ることがなくなっていたここ数年。

旬の大きなカブを手に入れたのと、最近また寒くなったので、シチューを作ることにしました。
そのとき、「スパイスの科学」という本に”牛乳の臭みを消すためにクリームシチューにナツメグを入れる”という記述があったことを思い出しました。

「もしかしたらシチューにもスパイスを入れられるかも!?」と、ナツメグをはじめ、乳製品に合うようなスパイスを使ったクリームシチューを作ってみたら、風味が格段によくなり、おうちシチューがランクアップ!

余りがちなナツメグですぐに試せるクリームシチューをぜひお試しください。もちろん、カブを使わないシチューにも入れてみてくださいね。

スパイスでもっとおいしいカブのクリームシチューのポイント

シチューなのにスパイス!?

シチューですが、スパイスを入れます。
といっても、カレーのような香りにはなりませんのでご安心ください。

カレーらしい香りを構成するクミン、コリアンダー、フェヌグリーク、ターメリック等は入れません。

ただし、カレーでよく使われる「カルダモン」はぜひ入れてみてください。これはカルダモンが乳製品と相性がよく、ショウガ科のスパイスらしい清涼感を与えてくれるからです。

ほかにはナツメグやホワイトペッパーを入れ、臭み取り&風味づけのスパイス使いを意識しました。

「シチューだから」スパイスを入れる、そんな風に思っていただければ幸いです。

ナツメグは色々使えます

上にも書いていますが、ナツメグは牛乳の臭みを取るはたらきがあるので、クリームシチューをはじめ、牛乳を使った料理、おやつに入れると風味がよくなります。
ハンバーグのために買ったけど余ってしまったあなたに、シチューはおすすめのナツメグ消費レシピです。

おやつに入れるなら、より香りが穏やかな、メースを使うことをおすすめします。

他にもナツメグを使った料理はこんなものもあります!

カブは大きめに切ってください

私は以前までカブをあまり料理したことがなく、大根に似ているからというイメージで、なかなか火が入らない印象を持っていたのですが、カブは割と早く火が入り、トロトロに煮えます。

小さく切ってしまうと煮えたときにカブが行方不明になってしまうので、カブは大きめに切ってください。トロトロ&ジューシーなカブを味わえますよ!

あと、皮は厚めに剥いてください。まるで、くし切りのオレンジにかぶりつくように食べるハメになります(一敗)。

Sponsored Links

スパイスでもっとおいしいカブのクリームシチューの材料

【材料(2〜3人前)】
・鶏もも肉・・・250g(1枚程度)
・カブ・・・・・300g(葉は除く)
 厚剥きにする。
 皮を剥いたあとの可食部は200g程度
・にんじん・・・・150g(約1本)
・じゃがいも・・・150g(小2個程度)
・玉ねぎ・・・・・150g(Mサイズ1個程度)
・塩・・・・・・・2g

・オリーブオイル・・・・・・・大さじ1
・クリームシチューのルー・・・1/2箱
・コンソメキューブ・・・・・・1個(好みで)

・水・・・・500cc
・牛乳・・・100cc

〈スパイス〉
・ナツメグパウダー・・・・0.5g(約小さじ1/3)
・ホワイトペッパー・・・・0.5g(約小さじ1/3)
・カルダモンパウダー・・・0.5g(約小さじ1/2)

〈トッピング〉
・カブの葉を油と塩で炒めたもの・・・適量

今回使用しているのは「とろけるシチュー」。
鶏白湯や醤油の隠し味のおかげでご飯に合うようになっていて、実際、ご飯と一緒に食べても美味しいです。

あなたは「シチューライス」、大丈夫な方でしょうか?
私は、一緒に食べるのはOKですが、かけて食べることはあまりやらないです。

スパイスでもっとおいしいカブのクリームシチューの手順

【手順】
1.材料の下準備をする。
・鶏もも肉は一口大より少し大きく、1枚を8~10個に切り、塩で下味をつける。
・カブは、大きいものであれば12個程度のくし切りにする。
小さなカブであれば、半分や1/4個に切る。
だいたい一口大より大きめが目安。その後、皮を厚めに剥く
小さく切ってしまうとトロトロに溶けてしまうので、大きめに切ってみずみずしさを楽しみましょう。
・にんじん、じゃがいもは皮を剥いて一口大の乱切りにする。
・玉ねぎはくし切りにする。

カブの茎の根元は土をよく洗いましょう

2.フライパンにオリーブオイルやサラダ油を中火で熱し、鶏肉を皮目から入れて焼く。焼き目がついたらひっくり返して焼き目をつける。

3.にんじん、じゃがいもを入れて炒め、油が野菜になじんできたらカブ、玉ねぎを入れてさらに炒める。

4.野菜に油が回ってしんなりとしてきたら、ナツメグパウダーとホワイトペッパーを入れて、粉っぽさがなくなってスパイスが油に馴染むまで炒める。

ナツメグの代わりにメースでも

5.水とコンソメキューブ(好みで)を入れて煮立たせたら、箱の指示通り(今回は20分)煮込む。

アク取りの有無はおまかせします

6.火を止めてホワイトシチューのルーを溶かす。

カレールーもそうですが、火を止めましょう

7.再び火にかけ、牛乳を入れてとろみが出てくるまで煮込む。仕上げにカルダモンパウダーを振りかけて軽く混ぜたら完成!今回はトッピングとして、油と塩で炒めたカブの葉を載せてみました。

塩気はわりとあるので、濃ければ牛乳で調整を

今回のスパイスまとめ

今回のスパイスは、臭み消しと風味付けに重きを置いて選んでみました。
ナツメグはほんの少し、上品に香る程度使うのがよいでしょう。

画像をクリック(orタップ)で、スパイスの説明が読めます。

おススメのレシピ

白菜のクリーム煮にカルダモンの清涼感とスパイシーさを加えてみるのはいかがでしょうか。

寒い日が続くので、スパイスを使った豚汁で温まりましょう。

おわりに

スパイスでさらにおいしくなったクリームシチューに、ゴロゴロと大きく切ったカブがジューシーなカブがとろけます。

「シチューなのに」ではなく、「シチューだから」スパイスを入れることを実感していただけたら幸いです。

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました