サクふわ、軽いから何個でも。“ブロッコリーのカレーフリッター”

スパイスおかず

はじめに

サクサク、ふわふわ、軽いから何個でも。

こんにちは。ハセガワタクミ(カルダモン26)です。
今回は、ブロッコリーのフリッターの衣にカレー粉を加えて、食欲そそる風味をつけつつ、さらにクミン塩をかけていただくレシピをご紹介します。

サクサクのフリッター生地に、ふわふわのブロッコリーの花蕾。軽くて何個でも食べられそうです。
カレー粉とクミンシードの風味が食欲そそり、ビールがどんどん進みます。

このレシピについて

旬の時期には手に入りやすい値段で並ぶブロッコリー。
つい手に取ると、あまりの大きさにびっくり。

私が子供の頃、ブロッコリーを食べるといえば塩茹でしてマヨネーズとケチャップをかけるだけで、しっかり調理して食べるイメージがあまりありませんでした。

しかし、巨大なブロッコリーを塩ゆで+マヨ&ケチャで食べきるのは厳しいところ。

今回と次回で、ブロッコリーを使ったスパイス料理を作って食べきりたいと思います。

まずはブロッコリーそのものを楽しめる、サクサク衣をつけたフリッターのご紹介です。

サクサクとしたフリッターの衣に、柔らかくふわふわとしたブロッコリーの花蕾
軽い食感で何個でも食べられそう。

さらに、衣に混ぜたカレー粉の風味と、クミンシードがプチッと弾けて食欲そそります。
ブロッコリーのクセを和らげつつ、甘みを感じやすくしてくれるのも相性◎

お酒が欲しくなる味わいです。

Sponsored Links

ブロッコリーのカレーフリッターのポイント

芯の部分も一緒に揚げましょう

右端は芯を揚げたもの

ブロッコリーの芯の部分は捨てられがちですが、筋がある周りを切り落とせば、芯の部分も食べられるので、この部分も一緒に揚げてください。

もしかしたら、芯のほうが旨いかもしれません。

ブロッコリーのカレーフリッターの材料

【材料(2人前)】
・ブロッコリー・・・150gぐらい
 大きめのブロッコリー1/2個が目安
・卵・・・・・・1個
・小麦粉・・・・大さじ5
・牛乳・・・・・大さじ5
・カレー粉・・・小さじ1

・油・・・20cmフライパンに1cmの深さぐらい

〈クミン塩〉
・クミンシード・・・1g
・塩・・・・・・・・1~2g

衣の配合の参考:魚介とブロッコリーのフリッターのレシピ・つくり方|キッコーマン|ホームクッキング

https://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe/00000855/index.html

ブロッコリーのカレーフリッターの手順

1.ブロッコリーは洗ったあと子房に分け、茎の部分は周りをカットし、食べやすい大きさ(4~5cmぐらい?)に切る。
ボウルにブロッコリーと水大さじ1を入れてラップをかけ、500wのレンジで2分チンする。

ブロッコリーは逆さまにしてボウルに張った水につけましょう

2.クミンシードは中火のフライパンで焦がさないように3分ぐらい乾煎りしたら、塩と混ぜておく。

3.衣を作る。
卵は卵黄と卵白に分け、ボウルに卵黄、牛乳、小麦粉、カレー粉を混ぜ、卵白は泡立てたあと、さっくり混ぜる。

卵白の泡を消さないように

4.小さめのフライパンに油を熱し、160~170℃になったら、ブロッコリーの花蕾の部分を衣に浸し、衣のついた花蕾を下にして揚げ始める。

5.3分ぐらい揚げて、こんがり揚がっていたらひっくり返してさらに2分ぐらい揚げる。

茎の部分に竹串などを刺して、スッと通るまで揚げたら網に上げて油を切る。

クミン塩を上からかけて召し上がってください。

Sponsored Links

スパイスのおつまみ

ブロッコリーをじっくり焼いて、香ばしさと甘みを楽しみます。
にんにくとベーコン入りで食欲そそる味わい。

油揚げに味噌を塗り、カルダモンをかけてチーズを乗せて焼くだけ。
ちびちび食べて、ちびちび呑みたい一品。

瑞々しいズッキーニに、クミンのどっしりした香りとベーコンの塩気。
パクっと一口でつまめる、前菜にピッタリな一品。

おわりに

ブロッコリーの花蕾の食感とフリッター生地の食感の相性が抜群で、色んな衣があれど、一番の組み合わせではないかと思います。

あとはスパイスの風味と塩があれば十分満足感あり。
ブロッコリーの甘みも存分に感じられます。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

↓こういう「カレー粉らしい」風味が欲しいときはやっぱりコレ。

↓煎って塩と混ぜるだけで、ちょっと特別感のある食卓を演出。

このレシピが含まれる特集

コメント

タイトルとURLをコピーしました