噛むと幸せ!フェンネル弾けるさつまいものポテトサラダ

スパイスおかず

こんなあなたに作ってほしい!

  • 旬のさつまいもが余ってしまい、消費したいあなた
  • じゃがいもではなく、さつまいものポテサラを食べたいあなた
  • さつまいもとスパイスの出会いを感じてみたいあなた

はじめに

こんにちは。カルダモン26です。今回は旬のさつまいもを和えるだけ簡単の「フェンネル弾けるポテサラ」にしてみました。

さつまいもといえば

さつまいもといえば、まず浮かぶのは煮物でしょうか。ほかには天ぷら、スイートポテト、大学いも?

そのどれもが美味しいのですが、なんだか、口の中がもそっとしませんか?

それに、食べたあと、余韻があまりに長くて、いつまでもさつまいもの口になってしまうこともありませんか?

さつまいものスイーツならまだしも、食事中ならリセットしたいものです。

そんなこともあって、あまり食事にさつまいもを使うことなく、ついつい余らせてしまう方もいるのではないでしょうか。

今回のレシピ

そんな方に作ってほしいのがこの「スパイス弾けるさつまいものポテトサラダ」です。

クミンシードフェンネルシードがさつまいもの長すぎる余韻をさっぱりとさせてくれます。
特にフェンネルを噛みしめたときの、甘さとスッキリ感が混ざり合った感じは幸福感をもたらしてくれます。

チンしてすぐに味を染みこませ、しっとり仕上げたポテサラは、もそっと感を軽減してくれるので、さつまいもが非常に食べやすくなります。

さつまいもが減らないあなた、さつまいもとスパイスの出会いを感じてみたいあなたにぜひ作っていただきたいと思います。

Sponsored Links

フェンネル弾けるさつまいものポテトサラダの材料

【材料(2〜3人前)】
・さつまいも・・・・・150g
・ゆで卵・・・・・・・2個
・クリームチーズ・・・15g

・マヨネーズ・・・大さじ2
・レモン汁・・・・小さじ1

〈ホールスパイス〉
・クミンシード・・・・・ひとつまみ(1g弱ほど)
・フェンネルシード・・・ひとつまみ(1g弱ほど)

〈仕上げにお好みで〉
・ブラックペッパー・・・適量
・フライドオニオン・・・適量

フェンネル弾けるさつまいものポテトサラダの手順

【手順】
1.さつまいもは2cmほどの厚みに切り、10分ほど水にさらす。

耐熱容器にさつまいもを入れ、ラップをふわりとかけて、600wで5分チンする。
さつまいもの食感を残さず、柔らかく仕上げる場合は、時間を追加する。

2.さつまいもをチンしている間に、〈ホールスパイス〉を乾煎りする。
弱火でフライパンを振りながら、3〜4分、香りが立つまで煎る。

3.さつまいもをフォークやおたまなど、潰しやすいもので潰す。今回は形が残るように荒く潰しました。
さつまいもが冷めないうちに、マヨネーズ、レモン汁を加えてよく混ぜる。

4.ゆで卵とクリームチーズを加えたら潰しながら混ぜる。
乾煎りした〈ホールスパイス〉を加え、さらに混ぜる。

5.食べる直前にブラックペッパーをかけ、フライドオニオンを散らしたら完成!

参考レシピ
さつまいもとクリチのデリ風サラダークックパッド ayumi2672さんのレシピ

https://cookpad.com/recipe/6244649

今回のピックアップスパイス

フェンネルシード

魚やチキンと合わせることの多かったこのスパイスですが、最近は甘いものに加えて、すっきり食べられるようにするのがマイブーム。
そのままだと口に残りやすいだけでなく、クセも強いので、乾煎りしてから加えました。

フェンネルを使ったカレーのレシピの例はこちら

おわりに

さつまいもとフェンネルの相性の良さには驚きました。

さつまいもの甘みが引き立つだけでなく、フェンネルが後味をすっきりさせてくれるので、さつまいもの魅力が増したようにも思えます。

こんなさつまいものポテサラなら、モリモリ食べられそうです。

いつもと違う食べ方を試してみたいあなた、さつまいもがなかなか減らないあなたに、ぜひおススメのレシピです。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました