中華でビールがすすむスパイスつまみ3選 【桜えびとキャベツの卵焼きほか】スパイスつまみで呑もう#3

スパイスおかず

スパイスつまみで呑みませんか?

はじめに

中華とスパイスはどうしてこんなに馴染みがよいのか。

こんばんは。カルダモン26です。スパイスカレーやスパイス料理を色々と作っている中で、「ご飯よりもお酒のほうが合うな」と思う料理を発見することもしばしば。

「スパイスつまみで呑もう」シリーズでは、僕がひっそり作ってはひっそり呑んでいた、秘密のおつまみを紹介していきたいと思います。

スパイスの香りがお酒を誘う

スパイスといえば、二言目には「カレー」を想像してしまうかもしれませんが、そのカレーって、ビールに合うと思いませんか?カレールーとビールのタイアップ企画もあったりと、ご飯だけでない、お酒という相棒があることは、皆さんご存知のはず。

それに、お酒にスパイスで香りをつけることもしばしばあり、ジンにはジュニパーベリーのほか、コリアンダーやシナモンが使われています。「水曜日のネコ」というクラフトビールはコリアンダーで香りづけされていることが売りになっていたりします。

要するに、スパイスとお酒は合うということです。

ならば、スパイスの香りをまとわせたおつまみはお酒と抜群の相性のはず!

そんな、スパイスの香りがお酒を誘うおつまみを今回も3つご紹介します。

前回の記事は「ビール、ハイボールに合う」を合言葉におつまみを3つご紹介しましたが、「ビールに合う中華」を合言葉におつまみを3つ作ってみました。

Sponsored Links

今回の中華スパイスつまみ3種

ネギを食べる鶏肉のカシューナッツ炒め

角切りにした鶏肉とカシューナッツがコロコロ美味しい「鶏肉のカシューナッツ炒め」。
参考にしたレシピでは「ネギが美味しい」と書いてあったので、ネギをたっぷり使ってみたところ、とろりとしたネギの香味、甘みが抜群の相性でした。

クミンを少し使い、スパイシーな風味をほんのりつければ、お酒がどんどん進む鶏肉のカシューナッツ炒めの完成です。

【材料(2人前)】
〈鶏肉のチャン〉
・鶏もも肉・・・150g(2〜3cm角切り)
・塩・・・・・・1g
・醤油・・・・・小さじ1
・胡椒・・・・・少々
・クミン・・・・少々(パウダー)
・溶き卵・・・・20g(約1/2個分)

・カシューナッツ・・・30g(素焼き)
・長ネギ・・・・・・・100g(斜め切り)
 ※青い部分も使います

・しょうが・・・・・・15g(千切り)
・油・・・・・・・・・大さじ1


〈ホールスパイス〉
・カルダモン・・・・2粒(軽くつぶす)
・クミンシード・・・1g
・鷹の爪・・・・・・2本

〈タレ〉
・醤油・・・・・・・・・大さじ1.5
・砂糖・・・・・・・・・大さじ1
・酢・・・・・・・・・・大さじ1
・鶏がらスープの素・・・小さじ1/2
・水・・・・・・・・・・50cc
・片栗粉・・・・・・・・小さじ1/2

【手順】
1.鶏肉をチャンする。
鶏肉を2〜3cmの角切りにし、〈鶏肉のチャン〉の材料を全てボウルに入れ、よく混ぜる。

「漿(チャン)」は、鶏肉に調味料と溶き卵で下味をつける中華料理の技法です。鶏肉のカシューナッツ炒めのほか、青椒肉絲にもよく使われる手法です。

2.フライパンに油を熱し、カルダモンを加熱する。ぷっくりと膨らんで茶色くなってきたらクミンシードを入れ、シュワシュワ泡立ち、香りが立ってくるまで30秒ほど加熱する。

3.鷹の爪を割り入れて、鶏肉の裏表両方にきつね色の焼き目がつくまで中火で焼く。

4.弱火にしてネギの白い部分としょうがを入れ、3〜4分ほど焼く。その間に〈タレ〉の材料をボウルやお椀に全て混ぜておく。

5.ネギの白い部分がとろりと焼けてきて、しょうがの香りが立ったら、〈タレ〉を入れる前にボウルの中でよく混ぜ、入れたあともすぐによく混ぜる。

よく混ぜて透明感が出てきたら、ネギの青い部分とカシューナッツを入れてなじませる。

6.中火に火を強め、〈タレ〉が煮立ち、とろみが出てきたら1分以上加熱したら完成!彩りとして糸唐辛子を乗せています。

参考レシピ:「四川料理のスゴい人 自宅でつくる本格中華レシピ」 三才ブックス 人長良次さんのレシピ

家中華が間違いなくグレードアップする一冊です。

桜えびとキャベツの中華風卵焼き

キャベツのシャキシャキ食感と桜えびの香ばしさ!コリアンダーも加えて香り高い卵焼きに。
大きめのフライパン(今回は26cm)で焼けばキャベツのシャキシャキ際立つ、パクパク食べられる薄焼きに。小さめのフライパンで焼けばふっくら厚めに。

お好みに合わせて焼いてください(小さめのフライパンの場合は焼き時間を長めに取るか、余熱で火を通す時間を取ってください)。

【材料(2人前)】
・卵・・・・・・2個
 (+鶏肉のチャンで余ったらそれも入れる)
・キャベツ・・・100g(千切り)
・桜えび・・・・10g(干しあみえびでも)

〈パウダースパイス〉
・ブラックペッパー・・・0.5g
・コリアンダー・・・・・2g

・塩・・・・・・・・2g
・水溶き片栗粉・・・小さじ1/2(水:片栗粉=1:1)

・ごま油・・・大さじ1

【手順】
1.キャベツは千切りにし、耐熱ボウルに入れて500wのレンジで2〜3分チンする。
ボウルに卵を割り入れ、溶きほぐす。上のレシピで余った溶き卵があればここに入れる。

2.ボウルに溶き卵、桜えび、ブラックペッパー、コリアンダー、塩、水溶き片栗粉を入れて混ぜる。
キャベツは冷めてから入れて混ぜる。
桜えびの代わりに干しあみえびでも◎ こちらのほうが食感がソフトで食べやすいです。

3.フライパンにごま油を中火で熱し、卵液をすべて注ぐ。キャベツが均等になるように均し、端の形を整えて、端が固まってきたら、フタをして弱火〜弱めの中火で3〜4分焼く。

4.ひっくり返して強めの中火で1分焼く。食べやすい大きさに切り分けたら完成!

Sponsored Links

香味オイルで食べるザーサイ豆腐

豆腐の上に刻んだザーサイを乗せて、オイルをかけただけの簡単おつまみ。
簡単だけど、ちょっと気の利いた雰囲気が出ます。

今回使ったオイルは自家製のネギ花椒オイルですが、今は市販でいろんなオイルが出ているので、皆さんお好みのオイルをかけてみてください。

【材料(1人前)】
・豆腐・・・・・1丁
・ザーサイ・・・5g(刻む)
・ごま・・・・・少々

・ラー油などお好みのオイル・・・お好きなだけ

【手順】
豆腐を皿に盛り、刻んだザーサイとごまを乗せる。上からラー油など、お好きなオイルをかけて完成。

今回かけたのはネギ花椒オイル。これは自家製で、花椒10gをミキサーで挽き、サラダ油で30分、ネギ1本分を弱火で熱して作ったネギ油100ccを上からかけたものです。

ちょっと大変だという方にはスーパーでも売っているこのオイルで、手軽に花椒オイルを楽しんでみてください。

今回のスパイスつまみに合うお酒

ビール

中華にはキレのある辛口がよく合います。桜えびとキャベツの中華風卵焼きとは抜群の相性。

ハイボール

鶏肉のカシューナッツ炒めの油を切って、また次の一口へ……

紹興酒

とろりと甘い紹興酒をゆっくり吞みながら、ゆったりとしたディナーをお楽しみください。

Sponsored Links

おすすめスパイスつまみのレシピ

中華のスパイス「五香粉」と黒酢のタレがやみつきになる手羽先。骨までしゃぶりたいぐらい旨みの塊。

黒ごまとクミンの深い香りがお酒を呼びます。根菜がとにかく甘い!

ただでさえ止まらない「にんじんしりしり」がスパイスでもっと止まらなくなります。

今回ご紹介したつまみ以外にも、普段のおつまみにもスパイスを振りかけてみれば、もっとお酒が進むかも???

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました