サバを味わう、スリランカ風サバカレー(ミリスマール)

スリランカカレー

はじめに

サバの味が活きた、ちょっと大人のカレー。

こんにちは。カルダモン26です。
今回はちょっとビターな香味と酸味で、サバのうまさが引き立った、「スリランカ風サバカレー」をご紹介します。

このカレーはサバが主役で、カレーはそれを引き立てるソースのよう。
新鮮な切り身で作るのがとても美味しいです。

このレシピについて

スリランカは日本と同じく島国。魚が豊富で、かつお節(モルディブフィッシュ)を使うぐらいですから、スリランカ料理と魚は切っても切れない関係があります。

今回ご紹介するサバカレーは、スリランカらしいゴラカの酸味と燻製香が効いたカレー。
カレーそのものよりは、美味しさを引き立てるソースをまとわせたサバを食べるような感覚です。

サバの身をほぐしてカレーと絡ませ、パラパラのライスと混ぜると、カレーの香味とサバの旨み、ライスの甘みと色々混じって口の中が賑わいます。

ライスとよく馴染みますから、たっぷり炊いておきましょう。

Sponsored Links

スリランカ風サバカレーのポイント

魚の味が活きたカレー

このカレーはサバが主役。サバの油の旨みが美味しいです。

サバを美味しく食べるために、霜降りして臭みを抜きゴラカとレモン汁の酸味で味を引き締めます。

切り身をドカンと入れて、サバの味をしっかり残しつつも、インパクトのある見た目に。
サバの他にはカツオ、マグロ、カジキ、ブリなどでもできると思います。

ちょっとビターな香味

そんな主役のサバを引き立てるカレーは、S&B赤缶由来のオーソドックスな香りを持ちながらも、焦げた玉ねぎやゴラカが作る香味で、ちょっとビターな雰囲気

辛いほうがおいしいので、できればカイエンペッパーを入れましょう。
ときに出くわすカルダモンの粒が清涼感をもたらして、いい仕事をしてくれます。

塩が足りないと美味しくないので、味見をしながら、ちょっとキツめかな?と思うぐらいまで入れてみてください。
元々ビター寄りのカレーですが、苦味が立ちすぎていると感じたら、塩を足してみると味が整います。

Sponsored Links

スリランカ風サバカレーの材料

【材料(2〜3人前)】
・サバの切り身・・・250g(無塩)
 その他、カツオやマグロ、カジキ、ブリなど
・塩(霜降り用)・・・3g

・カレー粉・・・・・・・小さじ2
 今回はS&B赤缶使用
・胡椒・・・・・・・・・小さじ1/2
・カイエンペッパー・・・小さじ1/2(好みで)
・カレーリーフ・・・・・ひとつまみ
・パンダンリーフ・・・・ひとつまみ
・塩・・・・・2.5g~
 足りなければ最後に味見して補う
・レモン汁・・・小さじ1
・青唐辛子・・・1本(斜め小口切り)

・ゴラカ・・・1片
・水・・・・・50cc
 ゴラカがなければ黒酢小さじ1で代用

・玉ねぎ・・・・50g(繊維を断つ薄切り)
・にんにく・・・5g(みじん切り)
・しょうが・・・5g(みじん切り)

・ココナッツオイル・・・大さじ1
 なければサラダ油大さじ1を追加
・サラダ油・・・・・・・大さじ1

・シナモンスティック・・・2.5g(ほぐす)
・カルダモン・・・・・・・2粒(潰して中の粒を使う)

・水・・・200cc

〈仕上げ〉
・トマト・・・・・・・・50g(ざく切り)
・ココナッツミルク・・・50g
・醤油・・・・・・・・・小さじ1

スリランカ風サバカレーの手順

【手順】
0.(前日準備)ゴラカを使う場合は水に一晩漬けて切りやすいようにする。

ゴラカをそのまま刻むのは骨が折れます

1.サバを霜降りする。
サバの両面に塩を振り、水気が浮いてくるまで10分ほど置く。
水気を拭き取り、沸騰させた、たっぷりの湯を大きめのボウルに張る。
切り身を湯に入れ、表面の色が変わったら身が反る前に取り出し、水気を拭う。

ヒレはこのあと取りました

2.大きめのボウルにサバカレー粉〜青唐辛子までの材料、刻んだゴラカと漬けた水を全て入れてマリネする。

3.フライパンにココナッツオイルとサラダ油を中火で熱し、シナモンスティック、カルダモンを入れて、シナモンがシュワシュワして香りが立つまで熱する。

カルダモンのサヤも加熱の目安に使えます(このあと取り出しましょう)

4.玉ねぎ、にんにく、しょうがを入れ、玉ねぎのフチが色づいてくるまで炒める。

玉ねぎはいわゆる「ケララ切り」。

5.サバのマリネを入れてサッと炒めたら水を注ぎ、沸騰したら弱火にしてフタをして10分煮る。途中、フタを開けてサバに煮汁をかける。
このとき、サバは皮を上にして煮る。下だと皮がボロボロになります。

サバの煮物状態。

6.ココナッツミルクとトマト、醤油を入れて、トマトが軽く崩れてくるまで煮込んだら味見をし、足りなければ塩を補う。
苦味が強く立っていたら塩が足りないサインです。

少し置いて味を染み込ませたら、パンダンリーフとシナモンを取り出して完成。

Sponsored Links

和×スリランカカレー&スパイス料理

写真は水菜ver.のサンボルと一緒に

このサバカレーには葉物野菜のサンボルがピッタリ。葉物の青い風味に、さっぱりとした酸味とココナッツの甘みで、お口の中がスッキリ。

あると安心のパリップはかつお出汁でほっこりと。

魚の旨みをこれでもかといただくプレートにするのも一興です。

おわりに

サバの味がしっかり活きたカレーは、ちょっとビターで酸味がある大人の味わい。
ライスの甘みと混ざると味わいのバランスが整って、スプーンが進みます。

口の中をさっぱりさせるような副菜とよく合いますので、ぜひご一緒に。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました