ピリッと&甘い香り楽しむ“カルダモンの香りやわらかフローズンヨーグルト”

スパイス料理

はじめに

ピリッと甘やか、ふんわり広がるカルダモンの香り。

こんにちは。カルダモン26です。
今回はシャリシャリのフローズンヨーグルトにカルダモンを入れ、少しピリッと、そのあとふんわりと甘い香りが広がる「カルダモンフローズンヨーグルト」のご紹介です。

ほのかな酸味とふんわり広がるカルダモンの香りが口直しにピッタリ。
シャリシャリ食感が涼やかな気分にさせてくれます。

このレシピについて

子どもの頃に食べたフローズンヨーグルトの味が忘れられず、毎夏のように買って食べていたのですが、どうやら自宅でも作れるっぽいということで、早速試してみました。

せっかく自宅で作るのだから、スパイスを入れてみようと思い、選ばれたのはやはり「カルダモン」でした。

カルダモンのピリッとしつつも、甘やかさもある「スパイスの女王」らしい香りはカレーだけでなく、スイーツにもピッタリ。

シャリッと口に運ぶと、ほのかな酸味とピリッとカルダモンの香りが、なんとも爽やかな印象。

そのあとから牛乳の甘みとまろやかさがやってくると、カルダモンの甘い香りも広がってきて、なんだか優しい気持ちになってきます。

今回のレシピはコウケンテツさんのレシピを大いに参考にさせていただきました。

揉むだけ簡単!混ぜて美味しい!ミルク&フルーツシャーベットの作り方
提供:JAグループ●HP:●JA公式Twitter:●JA公式Instagram:国内で消費する食べものは、できるだけ国内で生産する。...

カルダモンフローズンヨーグルトのポイント

カルダモンと乳製品の素敵な出会い

カルダモンでスイーツといえば、割とクッキーに使われるのを多く見かけますが、牛乳との相性も、なかなかのものです。

チャイにも欠かせないスパイスなので、イメージしやすいのではないでしょうか。

フローズンヨーグルトと合わせてみると、最初にやってくるヨーグルトの酸味カルダモンのピリッとしたショウガ科らしい香りが爽やかさを強調します。

そこから牛乳のまろやかさと甘みが出てくると、カルダモンのほうも甘みを感じるふくよかな香りへ変化していきます。

牛乳臭さを軽減しつつ、ふんわり広がるカルダモンの香りが風味豊かに仕上げてくれます。

Sponsored Links

カルダモンフローズンヨーグルトの材料

【材料(3~4人前)】
・牛乳・・・・・・・200cc
・ヨーグルト・・・・200g(プレーン)

・グラニュー糖・・・40g
・レモン汁・・・・・小さじ1/2

・カルダモンパウダー・・・0.2〜0.3g

※割とたっぷり出来ます。量は調整してください。

カルダモンフローズンヨーグルトの手順

1.材料を全て混ぜる。
ボウルに入れて混ぜる、袋に入れて揉む、ミキサーにかけるetc.

私はブラックペッパーを入れてみました(好みが分かれそうなので、お好みで)

2.ジッパー付きの袋に入れて平べったくし、冷凍庫に入れる。

冷凍庫に入れて3時間後ぐらいを目安に一度出して、揉む。
これを忘れるとガッチガチの氷の板になってしまいます。

3.さらに3時間ぐらい冷凍庫に入れ、凍っていれば完成。
固まりすぎてフローズンヨーグルトがほぐれなかったら、袋ごと麺棒で叩いてください。

使うヨーグルトとグラニュー糖の分量にもよりますが、甘みは穏やかで自然な感じ。
今回は雪印メグミルク「ナチュレ恵」を使用しました。

お手持ちのヨーグルトの味と、好みでグラニュー糖を増減してください。

Sponsored Links

スパイスでスイーツを作ろう

カルダモンをはじめとする、シナモンやクローブなどのスパイスの香りを、トロふわチャイプリンに閉じ込めて。
癒しの味と食感が広がります。

ココナッツミルクで作ったフレンチトーストで、カルダモン入りのココナッツフィリングを巻いた、ココナッツ満喫のスリランカ風おやつ。
スパイス好きな方をおもてなしするときにも。

甘~いチョコをカルダモンのピリッとした香りが引き締めて、ちょっとオトナの味わいに。
チョコのほのかにビターな香りと合わされば、リッチ感が出ます。

おわりに

なんでもかんでも入れられるわけではありませんが、モノを選べば、スパイスをスイーツに入れてみると、非常によく合います。

「dancyu」などを読んでいると、「これを入れるの!?」と驚く組み合わせもあるので、まだまだ知らないことばかりですが、ちょくちょく試していきたいと思います。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

参考レシピ:「揉むだけ簡単!混ぜて美味しい!ミルク&フルーツシャーベットの作り方」- YouTube Koh Kentetsu Kitchen【料理研究家コウケンテツ公式チャンネル】コウケンテツさんのレシピ

https://www.youtube.com/watch?v=gnjraf5vQ04

袋ごと揉むことを考えると、少し余裕のある大きさがいいかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました